アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

代表SORAの夫との生活や日々、思うことは、《夫ネタ★脱却!カサンドラ》
http://blog.livedoor.jp/khan2013214-otto/ をお読みください。

野波ツナ先生

野波ツナさん講演会(逗子市)お手伝いに行きます

逗子市つなさん


来る2月13日(土)にツナさんの講演会があります。
第二部のトークセッションに、ゲストでお招きされたので、行ってきます。
行かれる方がいらしゃいましたら、会場でお声をかけてくださいね。


日時  2月13日(土)

第1部 講演会 13:00~ (開場 12:45)
     「カサンドラ症候群への対処法と脱出法…私の場合」

講師  :野波ツナさん   
     「旦那(アキラ)さんはアスペルガー」(コスミック出版刊)の
     作者の実体験を踏まえたお話から、カサンドラ症候群に陥ら
     ないための対処法、カサンドラからの脱出法を考えます。

第1部 講演会 13:00~ (開場 12:45)
     「カサンドラ症候群への対処法と脱出法…私の場合」
   

第2部 トークセッション 14:30~16:00
        トークゲスト  久遠ナオミさん(エテルノ代表 心理カウンセラー)
                 真行結子さん(フルリールかながわ代表)
                 SORAさん(アスペルガーアラウンド代表)
        コーディネーター  吉田恭子さん(NPO法人エンツリー理事長)


会 場  逗子市役所5階会議室

定 員  50名(先着順)

対 象(女性限定)  自分はカサンドラではないかと考える女性当事者
                    パートナーなどとのコミュニケーションに違和感を抱える女性当事者

託 児  定員5名(5歳未満。先着順:2月3日(水)までに事前申込み)

申 込  2月1日(月)~ 生活安全課
 
電話   046-873-1111(内線 279)
FAX   046-873-4520

カサンドラのその先にーパネルディスカッションー

ご参加頂きました皆々様、誠にありがとうございました。
先般、カサンドラのその先にーパネルディスカッションーは、
定員をはるかに超えた参加者をお迎えし、滞りなく終了することができました。
東北、中国地方からはるばるいらして下さった方もいらっしゃいました。
当日参加の方も10名を越え、チラシを見て、飛びこみで、
入場された方もいました。

本当に心から、感謝を申し上げます。

ファシリテーターとしては、取り上げたい課題が多すぎて、上滑り感が強く、
内容を深めて行けなかったことが、悔まれます。

カサンドラ状態の日が浅い方の疑問には、少しではありますが、
応じられたのではないかと思いますが、
「その先」には、手をかけたまま、終わった感があります。

企画を起こしたあとに、「その先」は、半日ではなく、1日イベントになる
テーマ設定であったと気づきました。

次回は、基調講演を頂いた後、分科会を設定して、より深く、細かく課題に
踏み込んでいけることをイメージしています。

多忙を極める中、ご登壇いただきました
宮尾先生、岡野先生、野波先生、ありがとうございました。

そして、何ヶ月もかけて、準備に明け暮れてくださったスタッフの皆様、
スタッフの皆様は、無償ボランティアです。
スタッフの皆様に心から、感謝を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

アンケートがまとまりましたら、また、こちらでご報告いたします。
パネル全員










 

特別企画 「 カサンドラのその先に」パネルディスカッション開催

今年も残り3ヶ月ばかりになりました。

カサンドラが、マスコミに取り上げられるようになり、
アスペルガー・アラウンドにカサンドラと気づいて参加される方は、
増える一方です。

そして、また、カサンドラと気づいた方の、その先を求める声も、
多くなっています。

答えは、まだ、ありません。
そして、簡単に出るものでも、ありません。

100人いたら、100人のASの方がいるように、カサンドラも、
また、お一人ずつ、答えはその方にしか、ありません。

お一人で考えているよりも、より、多くの視点を得て欲しいのです。

思いつめて壁を見ている時は、その壁が、実はあなたが立ち上がった時に、
軽々とまたげる高さであることを、しばしば、見落とさせるのです。

お一人でないことを、知って欲しいのです。
嫌だと叫んでいいことを、思い出して欲しいのです。
私は、幸せになっていいのだと宣言して欲しいのです。

だから、下記のパネルディスカッションを企画しました。
三人の素敵なパネリストをお迎えしして、SORAが皆さまの想いを語って
まいります。

チラシの配布は、月末になりますが、日頃から、アスペルガー・アラウンドを
ご愛顧いただいている皆様に先にここで、お知らせいたします。

お申し込みをお待ちしています。


カサンドラのその先に
ーカサンドラという状態を抜け出すためのパネルディスカッションー

SORAと三人のパネリストとのパネルディスカッション

ご協力頂くパネリストの皆さま

宮尾益知先生(どんぐり発達クリニック院長)
岡野あつこ先生(夫婦問題研究家・NPO法人日本家族問題相談連盟理事長・ライフアップカウンセラー)
野波ツナ先生(漫画家)


日時 :11月15日(日)13:30〜受付開始  14:00開始16:30終了

場所 :多摩市関戸公民館  ヴィータホール(ヴィータ・コミューネ8階)
          京王線 聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分

参加費:前売り2500円 当日3000円

定員    :100名

主催 :アスペルガー・アラウンド

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

★お申し込み方法★
お問い合わせフォームから、お申し込み頂きます。
先にお振込み頂いた方から受付を完了させていただきます。

①お問い合わせフォームの必要事項をご記入下さい。

②◎11/15パネルディスカッションの項目をチェックします。

③お一人で、複数枚申し込む方は、お問い合わせ内容に
    代表でお申し込みされる方以外のお名前、性別、年代をお書き下さい。

④お席を確保したことと、お振込先を事務局から、ご連絡いたします。
    asperger.around@gmail.comを受信できるように必ず、セキュリティを設定してください。
   24時間以内にお返事がいかない時は、セキュリティではじかれている可能性があります。
   セキュリティの設定や、 迷惑メールをご確認いただき、再度、ご連絡をお願いいたします。

⑤お振込みを確認させていただき、受付完了のメールを送らせていただきます。

※一旦、お振込み頂いた参加費は払い戻しはできませんので、ご了解頂きますよう
 お願いいたします。
※ご記入頂いた情報は、このアスペルガー・アラウンドの事業に関わる連絡以外には、使用いたしません。
 
  • ライブドアブログ