アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

発達障害

ひきこもり家族会「ぶなの会」講演会

ひきこもり家族会「ぶなの会」一周年記念講演会で
お話しさせていただきます。(SORA)

講演内容は、
カサンドラについて&ASD理解と対応の予定です。
一般公開されているので、誰でも参加できるそうです。

アスペルガー・アラウンドのASD勉強会の内容と重なりますが、
カサンドラさん向けではなく、一般の方向けです。

参加対象:ひきこもりの方の家族、ご本人、関心のある方


「カサンドラ症候群について」
(90分講演・質疑応答・交流会)

2018年3月18日(日)13:40~16:30 開場13:20

いちょうホール(八王子芸術文化会館)

参加費 500円

予約はいらないそうです。先着順。50名まで。

お問い合わせ先(ぶなの会)

櫻井 sakura42kei@docomo.ne.jp

後藤 tatan1.noi.uri@gmail.com

CADD脱出プログラム三期 2回 ご報告

CADD(カサンドラ)脱出プログラム三期2回のご報告です。
障害特性と対応について、安心できる仲間とともに中身の濃い一日を過ごしました。
一日参加のプログラムでは、お昼休みのおしゃべりも楽しみな時間です。

アンケート結果 11枚/12名
<20代0名・30代0名・40代5名・50代3名・60代3名> CIMG0547
                                         
1.本日の感想
 

①残念ながら、期待はずれ(0)

②まあまあ、参加してよかった(0)
③きてよかったと思った。(11) 

2.どんな点が印象に残ったか。

①感情をコントロールする(7)
②素質論(10)
③講師の方の自己紹介(5) 
④グループ座談会(11)                           
⑤その他
・最後にマントラをお互いに伝え合うところ
・昼食会のおしゃべり
・ASの特質を正しく理解して愛情を失わない様に出来る方法を教わり勉強になりました。

3.その他、お気づきの点、ご感想など

・当事者の方のお話で、教育や本能について、知ることができて長い間悩んできたことに解答を
いただいだように思います。ありがとうございました。自分のこと、少し信じることができそうです。
・リラックスした中で自己発見、他者発見とできました。当事者として、男性側としての意見、思い、
参考になりました。具体的な対策もアドバイスいただけてよかったです。男女差、日本人特性のまで
深い話をためになりました。
・色々な話ができて楽しかったです。
・講師の方の一所懸命誠実に話して下さる姿、ありがたかったです。私も夫も?成長できたらと思いました。
・当事者の方のお話を聞けてよかったです。定型、非定型に関わらず、男性(日本人の)はあまり、
変わらないなぁ、とも思いました。
・なかなか貴重なお話に目からウロコ‥‥‥ではなく、やってきたよ それ!ってことが多くて、それで
ダメだったので、妙になっとくする会でした
・コウヤさんのお話をうかがって、うちの主人と同じ(似ている)タイプと感じました。新しい発見というより、
やはりそうなんだ という印象でした。(年齢も同じくらいです。)
・グループ座談会での気づきがあるので、もう少し時間が欲しかった。
・講師の方達に、この場に来て話しをしていただけた だけでも心より感謝申し上げます。
とても参考になりました。
・当事者の方のお話がとても興味深かったです。家でチャレンジしてみようと思うことが いくつかありました。
感情のコントロールの話も とても参考になりました。

ブログ用
午後は、おふたりのASD当事者さんから話を聞きました。












CADD脱出プログラム三期 1回ご報告

CADD(カサンドラ)脱出プログラム三期1回のご報告です。
参加者全員のつながりを深く感じたスタートになりました。
杉山先生ありがとうございました。

アンケート結果 11枚/11名
<20代0名・30代0名・40代4名・50代4名・60代3名> 
      
                                                                                                   杉山先生
CADD201801216
                                          

1.本日の感想 

①残念ながら、期待はずれ(0)
②まあまあ、参加してよかった(0)
③きてよかったと思った。(11) 

2.どんな点が印象に残ったか。

①できる山・わかる山(4)
②自分を知る(5)
③解決志向で考える(8) 
④これからの私(6)
⑤その他
・総合的に有益な学びの場となりました。
・杉山先生の娘さんのお話

3.その他、お気づきの点、ご感想など
・グループワークの時にタイマーをセットして全員がフリートークにしてみるといいかなと思った。
一人が喋りりすぎてしまう場面があった。
やっぱり共感できたことが一番
・解決志向は苦手だったのですが、スモールステップで積み重ねていこうと思えました。
メンバーと話し合う時間が多かったので始めキンチョウしましたが、気づきが多くありました・・・
・SORAさん、この会を開いて下さってありがとうございました。
これから視野を広くして学んでいきたいと思っています。よろしくお願い致します。
・今日はどちらかというと自己啓発セミナー寄りかな?と思いました。
・杉山先生ご自身のご家庭の話をありがとうございました。

CADD201801212 (2)





CADD20180121



京都講演会 カサンドラが集える場をつくりましょう

京都の講演会は、当日参加もあって、83名の盛況で終わりました。

kyouto1

主催のカイさんには、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

予想をはるかに超えた参加人数に、会場が狭くて、
不都合も多々、あったかと思います。

それでも、きっと、参加できた方には、きっと
大きな意味をもった一日になったのではないかと思います。

多摩でスタートした4年前を思い出しました。

受付のドアの前でノブに手をかけた時に
震えて、動けなくなりました。

そんな風におっしゃる方が今よりもっと多かった4年前。
センシティブな状況で、
女性限定、ASDの方は、もちろんお断りでした。

今は、しゃべりばを飛ばして、ASD勉強会から、参加される方も
多くなりました。
情報が行き渡って、アスペルガー・アラウンドに来る前から、
自分を肯定できる方が多くなってきています。

少しずつ、少しずつ、世の中は、動いているのですね。

京都には、しゃべりばが必要です。
どなたか、どうぞ、発足されますように。
祈念しています。

********
おかげ様で、様々な方ともつながりを持つことが
できました。
NPO法人暮らしデザイン研究所の取り組みを
ご紹介いたします。
日常に直結した内容に納得です。ご覧ください。
https://kurashi-design.org/

image

KHJ全国ひきこもり家族会連合会・実践交流研修会 全国大会in東京

KHJ全国ひきこもり家族会連合会
実践交流研修会   全国大会in東京

ご縁があって、引きこもりの方の家族会とつながりました。
学ばせて頂きます。

二日目の分科会「発達障害」でお話させて頂きます。
お申し込み、詳細は、下記から。

http://www.khj-h.com/taikai2017.html 

 小冊子も当日、頒布させて頂けるそうです。
深く感謝いたします。
  • ライブドアブログ