アスペルガー・アラウンドでは、
今までのハーンの活動を包括して、実施しています。

アスペルガー・アラウンドが、オフィスを開設したのは、
二か月に一回行っていた情報交換会に参加人数が、集中して、
お一人ずつのお気持ちに寄り添える限界がきたと判断したからです。

お一人ずつの細かな対応をめざし、開催回数を増やし、少数で実施できる
オフィスを開設しました。

これまで、ハーンにいらした方も、どうぞ、引き続き、
しゃべりば・ティーバー《ティーバー・アラウンド》にも、おいでください。

また、はじめての方からのご連絡も、多くなっております。

活動内容のカテゴリーを増やし、整理してみましたので、ご覧ください。

■情報交換会
10人以上を定員として、主に関戸公民館で実施します。
参加者相互の情報交換の場です。
参加対象は、AS、NT、CADD、男性、女性に限りませんが、主に
カサンドラ状態からの脱出、家庭生活を円満に導くことをテーマに解決志向で
話し合います。
CADD(カサンドラ状態)の方で、様々な視点からの情報を受け止めきれないと
感じられる方は、しゃべりば・ティーバーに参加することをお勧めします。

■しゃべりば・ティーバー
10人以下のお茶会です。
ASまたは、AS傾向のあるパートナーとの日常生活の問題、困難など、
それぞれの思い、なやみ、怒りなどをおしゃべりでアウトプットします。
ここで、お仲間を見つけられて、正しく感情を表出することが、カサンドラの
回復には、とても効果があります。
原則、女性限定で、オフィス《ティーバー・アラウンド》で行います。

■その他
ワークショップ・セミナー・スピンオフなどの企画イベントがあります。
主に関戸公民館で実施します。
ワークショップは、参加者に作業や発言を主体的に行ってもらう体験型講座です。
解決志向で、新しい気づきや情報をインプットしてもらいます。
その他、障害理解を深めるためのセミナーやパネルディスカッション、
当事者を交えての懇談会、自分を癒すワークなど、実施内容が、わかりにくくて、
ご心配な時は、お問い合わせいただきご確認の上、お申し込みください。