アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

代表SORAの夫との生活や日々、思うことは、《夫ネタ★脱却!カサンドラ》
http://blog.livedoor.jp/khan2013214-otto/ をお読みください。

カサンドラ

しゃべりば多摩 6月


しゃべりばは、セルフヘルプ(自助)活動です。
参加頂くことで、自らの力で回復していくことができます。

進行は、カサンドラ体験のある
アスペルガー・アラウンドのスタッフが担当しております。

しゃべりば、多摩、東京とも進行スタイルは同じですので、
安心して、参加されてください。


しゃべりば多摩

ASまたは、AS傾向のあるパートナーとの日常生活の問題、困難など、
それぞれの思い、なやみ、怒りなどをおしゃべりして、分かち合います。
主に関戸公民館で実施します。
ここで、お仲間を見つけられて、正しく感情を表出することが、
カサンドラの回復には、とても効果があります。

日時        : 6月11日(日)    9:15~受付 9:30~開始 12:00終了
                 途中からの参加、退室も、お申込みの際、ご連絡いただければ、かまいません。

参加対象 : 発達障害の方と関わってカサンドラ(かつてカサンドラ)状態を
                 自覚された方、 発達障害の方と関わってお困りの方。
                 女性、男性は問いません。
                 親子関係、職場関係など。婚姻前の方でもかまいません。
                 発達障害があり、かつカサンドラの方は、
                 自己紹介で障害についてカミングアウトして
                 頂くことを条件に参加頂いています。


内容        : 参加者相互のお茶会
                 ※ 4〜5人のグループに分かれて進行します。
       ※各自お飲み物をお持ちください。

参加費   :600円

場所     :多摩市立 関戸公民館 第3学習室

最寄り駅 :京王線聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分

定員        :15名程度


しゃべりば多摩 6/11の参加申し込みはこちら

しゃべりばスタッフ募集

一年に一回の担当でも、構いません。
アスペルガー・アラウンドのしゃべりばの運営スタッフになってください。

関心を持ってくださった方のために、しゃべりば研修会を6月11日午後、
実施いたします。
しゃべりばをやってみようと思われた方、やりたいけど、もう少し、
詳しく知りたい、教わりたいという方は、是非、参加されてください。

しゃべりば研修会の参加については、お問い合わせからご連絡ください。

しゃべりば研修会

同日、13時~15時 第3学習室


ようこそ先輩カサンドラ 7月講演会

ようこそ先輩カサンドラー誰も孤立しない社会に向けてー

アスペルガー・アラウンドの「ようこそ先輩カサンドラ」も
5回目を迎えました。

過去実績

第1回 サラナ代表 きんぎょさん講演会(2014年8月)

第2回 漫画家 野波ツナさん講演会 (2015年6月)

第3回 シエスタ代表 南風原藤子さん講演会(2016年2月)

第4回 オ・ソレイユ代表 ともさん講演会(2016年10月CADD第一回プログラム内)

今年は、
7月9日(日)にフルリールかながわ代表の真行結子さんを
お招きできることになりました。
fleurirkanagawa.blog.fc2.com

午前中は真行さんのカサンドラ体験から、
フルリールかながわの活動まで、
たっぷりお話を伺い、

そして、さらに、今回はロングバージョン、午後引き続き、
真行さんと、「誰も孤立しない社会に向けて」について、
パネルディスカッションを実施したいと思っています。

どうぞ、カサンドラどっぷりの一日をお過ごしいただきたく、
お日にちをあけてお待ちください。

お申込み、詳細は、後日、お知らせいたします。







カサンドラのためのガーベラ・アート 5月6月のご案内


アスペルガー・アラウンドでは、
ステージ2の講座として、ガーベラ・アートを提供しています。
カサンドラのお仲間とおしゃべりを楽しみながら、
自分を大切にする時間を過ごしてください。

ガーベラ・アートでは、心と脳を刺激するアートプログラムに
集中するお時間を過ごして頂くことで、自尊心と感情表現を回復させます。

ASのパートナーとの関係を悪化させないためにも、
自分を満たす工夫を継続的に生活に取り入れましょう。
 
カサンドラのためのガーベラ・アート
 
☆毎月一回 午前と午後にアスペルガー・アラウンドのオフィスで実施しております。

☆担当は、アスペルガー・アラウンドに何度も参加されている
 臨床美術士のガーベラ・アート担当者です。

☆材料、用具など、すべてこちらでご準備いたしますので、
 お気楽にお申込みください。

☆実質1時間程度の制作時間です。

☆毎回、素敵な作品をお持ち帰りいただきます。

日程は、こちらのサイトからご覧ください。
http://www.reservestock.jp/page/event_series/23305

☆1回3200円

 お得な3回6か月間有効チケットもあります。(1回あたり3000円)


52火曜日10:3012:00 担当/NANA



「バラを描く」
バラの写真をもとに、マットフィルムの半透明な材質感を
生かしながらトレースして描くことで、バラの花の造形的な
面白さを再発見し、色彩の豊かさを体験します。

バラ













66火曜日10:3012:00 担当/MIWA



「梅雨のガラス絵」

梅雨空の印象を抽象的に描きます。
筆でない画材を使うことで、だれでも無理なく抽象表現できるのが
特徴です。
ガラス絵には裏から描き、表が完成作品という面白さもあります。

梅雨のガラス絵








カサンドラのためのガーベラ・アート4月のご報告


「パステル色の空」


空は季節や時間、天候、場所などにより様々な表情を
見せます。

色々な雲が見られ、広い空と感じたり、
高い空と感じたりすることもあるでしょう。

それぞれの空をオイルパステルの混色に
よる複雑な色彩表現と、
オイルで溶かすことで生まれる透明感、
空気感を楽しみながら表現してみました。


いよさん

長田様


静岡ASD勉強会 ご報告

静岡ASD勉強会のご報告です。

支援する側の方も参加し、有意義な会になりました。
ランチも美味しかった~。
静岡スタッフの皆さん、ありがとうございました。image

午後のしゃべりば静岡は、初の4テーブルとなり、盛況でした。


東京、多摩も同じですが、参加者の皆さんが少しずつでも
お手伝いくださることが、まだ、参加できずにいるカサンドラの方々を
救う場を増やしていくことになります。
S_5810748581841

大変だから、みんなで考えよう~。
カサンドラのベースキャンプ
アスペルガー・アラウンドのしゃべりばに
今後とも、ご支援をよろしくお願いいたします。

アンケート結果  5枚/8名参加  
<20代0名・30代1名・40代1名・50代2名・60代0名・70代1名〉

①残念ながら、期待はずれ(0)
②まあまあ、参加してよかった(0)
③得るものがあって満足だった。(5)


■本講座を受けた感想
・アスペルガー診断をすることのメリットとデメリットについて知ったこと。
やはり、障害を受容するのは大変だということ。また、別居していても信頼関係を
保つことが大切だという話。障害受容は、ただ、障害を受け止めるだけでいいという話など。
・症状は夫には当てはまらないものも多くあった。
自分の中にまだ「私だって大事にして欲しい」「自分は母親ではない」
「こんなはずではなかった」という気持ちがあってうまくいかないが、
でもまだできることもある、と初めて思うことができたので、
かすかながらも希望がでた気もする。
・多くの方が、夫のアスペルガーの痛みを受けたカサンドラの方ばかりで、
理解できました。
SORAさんのお話を家に持ち帰り、今後、自分のあいてしまった胸の埋め合わせを
どうしていったらいいか、考える方向を教えていただいたと思います。70代女性
・多くの資料、クライアントの経験 
・ASDに定型と同じことを求めていて、間違った対応をしていたことに気づいたので
早速活用してみます。

ASD勉強会静岡

■本講座で、ASDの理解は深まりましたか?

・理解は深まった。来てよかったと思います。
・おすすめの本、DVDを見てみようと思いました。
・ASDの姿は、少々わかりましたが、自分の伴侶のそれは、今だどうしても受け入れられない、
避けたい、逃げたい自分が居ます。老いてく身ながら流れに任せてだけは、止めたいです。
ありがとうございました。
・とてもわかりやすかった。当事者だけでなく、カサンドラの為にもなにができるか
これからも考えていきたい。
・私たち夫婦は、家庭内別居をして、お互いを避けて暮らしています。
お互いの信頼関係は時がたつにつれてなくなってきている感じです
自分がカサンドラであるうちは、相手の支援はできないということは分かりました。
自分を大きく膨らませていこうと思います。
夫も苦しいんだろうなということが知識が増えていけば、情的にも支援体制になれると信じます。
息子がひきこもりになっているのは、やはりアスペルガーだからだということが分かってきました。
なので、ひきこもりの勉強やらカウンセリングを受けています。
でも、カサンドラ脱出講座を受けることも、ひきこもり解決の糸口になっていくのかな?と
いう気もします。息子も夫も診断を受けると、デメリットの方が大きいかなという感じを
今日受けました。
手帳がとれるとか、障害者年金をもらえるとかのメリットはうちの場合ないかもしれません。
わかりませんが。まずは私が今よりさらにパワーアップすることがいいのかもしれません。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

しゃべりば東京5月のご案内

しゃべりば東京 5月のお知らせです。
今回は、午前中にASD勉強会を実施しております。
初めてASD勉強会に参加される方は、是非、こちらも、同時にお申し込み頂き、
午前中の振り返りにされることをお勧めいたします。
  
しゃべりば東京

カサンドラの方の日常生活の問題、
困難など、それぞれの思い、なやみ、怒りなどをおしゃべりで解放します。
ここで、お仲間を見つけられて、正しく感情を表出することが、カサンドラの
回復には、とても効果があります。
カサンドラの方であれば、女性、男性は問いません。

日時      :5月14日(日)13:15~受付 13:30~開始 16:00終了
                   ※途中参加、途中退室の方は、ご連絡くださいませ。

参加対象 : 発達障害の方と関わってカサンドラ(かつてカサンドラ)状態を
                  自覚された方、 発達障害の方と関わってお困りの方。
                  女性、男性は問いません。
                  親子関係、職場関係など。婚姻前の方でもかまいません。
                  発達障害があり、かつカサンドラの方は、
                  自己紹介で障害についてカミングアウトして
                  頂くことを条件に参加頂いています。

内容        : 参加者相互の茶話会
                 ※ 4〜5人のグループに分かれて進行します。
                 
参加費   :600円

場所     :  東京ボランティア 市民活動センター 会議室B

最寄り駅   : 飯田橋駅 徒歩2分

定員       :15名程度

しゃべりば東京のお申し込み

http://www.reservestock.jp/events/166016


              



     



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村
           

お役立ち情報

✳︎カサンドラについて知りたいと思ったら✳︎

wikipedia   カサンドラ症候群

検索すると ‘このページを訳す・和訳’ というボタンがでてきて、日本語で読むことができます。 

✳︎カサンドラの自助会他✳︎ 


サラナ(名古屋)
http://blog.livedoor.jp/asupe_sarana/archives/2013-08.html
 
にじいろ(関西)
http://aaaruicchi.exblog.jp/ 

Moon@札幌(札幌)
http://moonsapporo.blog.fc2.com/

あじさい会(大阪)
http://ajisaikaiosaka.blog.fc2.com/

フルリールかながわ(神奈川・仙台・東京)
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com

リバース@宇都宮(栃木)
http://blog.livedoor.jp/rebirth20150219/

facebook 「カサンドラ愛情剥奪症候群の語り合い」

フェイスブックのグループで、登録された方だけの非公開グループに
なります。
にじ百合香のFBにアクセスしていただき、友達申請していただき、
そののち、グループのメンバーとして登録してもらいます。
すでにつながっている方からは、アクセスできるようです。プライバシーが
気になる方は、別アカウントをとられた方が良いかもしれません。


✳︎大人の発達障害関連機関✳︎

東京都発達支援センター(トスカ) HP http://www.tosca-net.com/ 
利用できる制度、サービス、支援機関 http://www.tosca-net.com/links.html 
※発達障害の支援センターは、都道府県に設置が義務付けられています。
 最寄りのセンターを探してみてください。対応は、行政によって、差があります。

北里大学病院 精神神経科 (宮岡等先生)
HP 
http://www.kitasato-u.ac.jp/khp/section/department/seishins.html 

昭和大学附属烏山病院 (加藤進昌先生) 
HP 
http://www.showa-u.ac.jp/SUHK/ 
発達障害外来・ADHD外来 http://www.showa-u.ac.jp/SUHK/department/special/ddis.html 


✳︎アスペルガー・アラウンドが日頃から
お世話になっているところ

野波ツナブログ http://ameblo.jp/nonamituna/ 

かなしろにゃんこブログ 

イイトコサガシ

多摩市 TAMA女性センター  http://www.city.tama.lg.jp/bunka/bunka/5841/

島田療育センター www.shimada-ryoiku.or.jp/
 
✳︎関連書籍✳︎

『アスペルガーと愛  ASのパートナーと幸せに生きていくために』  
マクシーン アストン/著 宮尾益知/監修 
テーラー幸恵/監訳 滝口のぞみ・羽田紘子・根本彩紀子/訳 
 

ASD勉強会〈初級〉 ご感想

初級講座と題して二回目のASD勉強会です。
アスペルガー・アラウンドの「カサンドラ脱出プログラム ステージ2」になります。

ステージ1のしゃべりばを飛ばして、アスペルガー・アラウンド初参加で
こちらにいらっしゃる方が、増えています。

数年前と比較して、カサンドラの情報がネット上で、増えてきたことや、大人の発達障害の
周知が広がってきたことから、予備知識をもって、みなさん、参加されます。
即、解決方法や、対処法を知りたい方が増えました。

しかしながら、皆さんが陥っているカサンドラという状態は、ご自身もどのような
段階なのか、認識できていない方が、ほとんどです。

講義を聞いているうちに、内容を精神的に受け入れられない状態に陥ることが
あります。

知識は、大切ですが、時に知識よりも、人と人がつながって、いたわり合う共感だけが、
必要な時があります。

急がずにしゃべりばを上手に利用してください。

ASD勉強会に参加したのちでも構いません。

カサンドラは、何度も波のように訪れます。

分かち合いながら、支え合いながら、ともに学んで歩んでいきましょう。

アンケート結果  11枚/12名参加  
<20代1名・30代4名・40代2名・50代4名・60代0名>

1.本日の感想 

①残念ながら、期待はずれ(0)
②まあまあ、参加してよかった(1)
③得るものがあって満足だった。(10)

2.どんな点が印象に残ったか。

・妻がそうかと思っていましたが、子供の方が問題だと気が付きました。
 あと部下にもいるなあと…。妻は人格障害です。それを確信できたのでよかったです。
 アスペではないようです。
ASトリセツ的なものに共感、納得です。
・はじめてこのような場に参加したので、すべてが新鮮で面白かったです。
  あるあるが多くて笑顔になれました。
・カサンドラ状態は何回もくるということ。
・障害の受容に関するお話
SORAさんの体験が共感できました。
・「家庭生活もビジネスライクに」という言葉が、そうするといつもうまくいっていたので、
  やっぱりそうか~と。あたたかみのある会話を(笑)あきらめきれなかったところなので…
 あきらめがつくような気がしました。勇気がでました。
・診断に対する考え方を聞けて良かったです。
  実際のご経験を明るく話して下さった事はとても励みになりました
・アスペルガー対応の法則、規則性(本ではわからない)、
  実際にアスペルガーパートナーをお持ちの先生だからこその実感できるお話が
 うれしかったです。
・理解できなかった詳細を説明してもらって助かりました。

3.1で①、②に〇をつけた方の具体的な内容

  ASの人がどんな風に物事を考えているかをもっと知りたかったです。

4.ASDの理解は深まりましたか?

・ありがとうございました。
・次回が楽しみです。気持ちが楽になります。
・とても深まりました。
・自分が、考えて対応してきたことが、ほぼあっていたということがわかりました。
  結構ほっとしました。そしてちょっと自信がつきました。
  ありがとうございました。いろいろな方のお話がきけたら更によいかもしれない、
  と思いました。
・知能検査の分類に関して全く知らなかったので、簡単な説明を聞けてよかったです。
  二次的障害に対処することが重要なのかなと思いました。
・夫を療育して定型に近づけようとしていたのかもしれない…と自分自身を
  振り返る良い機会になりました。ありがとうございました。
・診断方法や脳の話まで聞けて、より理解していく気持ちになりました。
・深まった。泣く回数は減りそうな気持ちになりました。定形に子供を
  近づけようと療育をしたいと思っていましたが、よく考える必要があると思いました。
・はい。わからない部分があったので。(まだまだです)子供への対応(アスペ夫)
  どうしたら良いかアドバイスをしていただけたら助かります。
 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ