アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

参加された方のご感想

それぞれのパートナーシップ~カサンドラ関係改善のヒント~ご報告

皆様、ありがとうございました。
100名を超えるご参加をいただき、盛況に終わることができました。

また、地元からの新たな参加者、
新たなつながりをいただいたことも喜びとなりました。

濃密な内容に、参加者の皆様には、少々、消化不良を起こされた方も
いらしたのではと、申し訳なく思う気持ちもありました。

でも、アンケートを読ませていただいて、皆さんのたくましさや、生きていくことへの
前向きな思いが伝わってきて、私が胸がいっぱいになって泣けました。

実は、私自身もかなり、お腹いっぱい、新たなきづきと想いを抱え、
しばらく、このトークセッションを反芻する日々が続くように思います。

素晴らしい機会をつくってくださった鈴木大介さん、冠地情さんに
深く感謝いたします。

以下、かなり長くなりますが、アンケートを掲載させていただきます。
一晩でまとめてくれた、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

アンケート回収数 53枚/104名
<10代1名20代2名・30代11名・40代13名・50代19名・60代7名> 
                                         
1.本日の感想
 

①残念ながら、期待はずれ(1)
②まあまあ、参加してよかった(10)
③きてよかったと思った。(45)  

2.良かったと思われたもの

①ショート講演会 (36)
②トークセッション(49)
③その他     (4)
  小冊子も役立ちそう、
  3人共、全力投球でした。
  いろいろな方向から冷静に自分の気持ちを確認することができた


3.全体を通しての感想、ご意見、ご要望など

 
経営などの関係で難しい かとは思いますがもう少し都心寄りでの開催もいずれ考えていただけると嬉しいです。 自助会は自分の将来の姿のようで怖い。でも今日の会は痛いようでやって行こうかと思う気持ちになった。 苦しんでいる人が前向きに明るく生きるために社会がもっと理解して助けてあげるような方向になっていってほしいと思います。 夫、長男(小1、現在不登校)が ASD ではないかと思います。子供は受診予定。子供にはどう話したらいいのかわからず困っています。夫には話ができません。
本日は貴重な話をありがとうございました。今日学んだことは、お守りになりました。・色々なお話を伺えて、いい刺激を受けられました。それぞれの本を読ませていただき、自らも動いていこうと思います。・大変内容の濃いトークセッションでした!!カサンドラは病みやすいので(心も身体も)今日の会でだいぶすくわれました。冠地さんの感情にふたをしないという言葉も印象にのこりました。私はアスペルガーの家族を嫌いになってはならないと思いこんで、苦しくて大病をしたときに、それに気づき、罪悪感でいっぱいに自分を追いこみ病気を作ってしまったことがはっきりとわかりました。無意識の感情をおさえ込むのは本当によくないですね。・全体を通しては概ね良い内容でしたが、一部理想論すぎと思いました。3人のカ ウンセラーを見つけるのに150人に会うのは無理と思います。3年かけたとしても週一ペース、、、無理ですね。・ケースbyケースで対策法はちがうと感じました。AS夫の金銭感覚、こだわりが、我が家だけでないと改めて思いました。理想論ではなかなか解決にはむすびつかないのが現実です。・もう少し会場からの質問に答える時間を設けるべきと思います・鈴木さんの著書、「されど、、」を読み、ご本人のお話を聞きたくて伺いました。とても良かったです。・色々な話が聞けました。しばらく考えないとまとまりませんので、じっくり考えます。難しかったです。またきたいです。異なる立場のお三方の話が聞ける機会はたいへん貴重です。ありがとうございます。立場によって少しずつ感じ方や重要視するものは変わってくるのですが、それをお互いに認め合い意見を出し合う(対立ではなく)社会のありかたになっていけば苦しみを一人で抱えずに皆が生きていけるのではないかと感じました。カンチさんのお話、面白い一方で抽象的な話が多くて少しわかりづらい所がありました(すみません!毒出し)。初めてすきまを埋めていただけて感謝します(SORAさんワークショップは今日で4回め)。夫が依存症で長く夫婦カンケーに悩んできましたが、最近夫がうつになって→それはアルコール依存からきているのでは?というところから入院になり→ADHDだったのかも!と本人が気づきAAに行くようになりここにくるまで20年かかりました💦その流れでカサンドラという言葉も最近知り、今ものすごい渦中にいるわけじゃないのですが他の方々のためにも何かできるかなーとか自分のこれまでの思いももっと深められたらとかいろいろ考えてます。パートナーシップの作り方の難しさを感じてしまいました。わが身に当てはめるには難しい、受け入れができない?で帰りますが、初めてのお話なのでまた聞きたいと思う・なぜ、ASDの人が攻撃するのかが垣間見れた・夫側からのカサンドラの対応・今日の会をゆっくり動画で見たい・カサンドラという枠を超えて自分が一体どう考え、どう生きていくかということについて考えさせられる会だった。発達障がいがなくても退化硬直はいつでも起こり始めると思いました。私自身にもはじまっているかも・夫婦関係を見直す、コミュニケーションをとることを続ける、あきらめちゃいけないことをあきらめないということが今は難しく、でも、今後少しずつ、自分が耐えられる程度から試みていきたいと思いました・盛りだくさんで、脳が疲れました。とても濃い時間でした。鈴木さんの体調が心配ですがよかったです・冠地さんのたくさんの名言が面白かったし、ハッとさせられた・鈴木さんの分析力はすごい・SORAさんのファシリテーションの上手さに感動しました・自分自身に当事者性を感じるので少し揺さぶられたけど大変ためになりました・今日は別居中の主人を思い切って誘いました。このセッションをきっかけに話をしてみます。とても素晴らしいセッションでした・また、このような他の方のお話や理解ができやすくなるチャンスがあったらうれしいです・知識面だけでなくコミュニティに参加する形でさらにパートナーとの関係をよくしていきたいと思いました・自分でカウンセリングを学び、パニック障害を治し、もう自己肯定感も上がり克服している。感情(悲しい)もないと思っていました。でも何度も涙があふれてきました。まだ悲しかったのかなと気づき良かったと思います・講師の組み合わせが最高だと思いました。特に鈴木さんの体験はネットで少し読ませて頂いてますがとても理解の助けになります。鈴木さんが「自分の攻撃性が大きかったので自分が変わることが大きかったが、逆のパターンでは難しい」というところはなるほどという感じ・ものに頼る、人に頼ることができるようになった・共依存でなければ僕たちはやっていけない・オープンダイアログという手法はどうなんでしょうか?日本ではまだ確立されていないようですが…・いろいろと大切なフレーズが次々と出てきて非常に濃い時間でした.SORAさん鈴木さん、自分軸がしっかりしているのがパートナーとうまくやっている理由なのだろうと思います。まずは自分をしっかり持つことを感じました・とても興味深いお話でした。もし次回があるようならば経済問題とか日常のコミュニケーションとかの個別の事柄に焦点を当てたお話を伺いたいです・夫がアスペルガーのカサンドラです。ACの傾向もあり現在うつ病です。自分の能力(記憶力、未来を想像する能力、感情制御、感覚過敏)など下がってしまい,ASDの夫の感覚に似ている状態に。鈴木さんのお話、大変共感できました・素晴らしい会でした。お三方のそれぞれの実体験からくる気づき、自分の中でも引っかかるところがたくさんあり、もっとお話が伺いたかったです・悩んでいる中,ASDかもとわかり、それだけでもとても楽になって、今日参加できとてもよかったので、これからまた、アスペルガーアラウンドにお世話になりたいです・地元横須賀でもセミナーがあるといいなと思いました・夫のASDについては知り合いにも誰にも話せませんが自助会などに参加して気持ちを開放出来たらと思いました・鈴木さんの話を聞いて本日強引にでも夫を連れてくればよかったと思いました・鈴木さんへの妻に求めすぎない姿勢、あきらめてる姿勢は少し違うと思いました。期待しないとあきらめるは違います。ボーダーラインを超えない範囲であきらめずにお互い折り合いをつけて試していくことが大事なのだと思います・認知症の祖母との二人暮らしで、鈴木氏の「これくらいできてほしい」という相手への欲求というものがあるので、なぜこうしてくれないという気持ちのところは共感した・
人それぞれの関係性というものもあり。目の前にある問題をどう受け止めるか、専門家とつながるか、前向きに考えていこうと思った。大変な人生を送ってこられ、聴衆の為に経験を話して頂き、とても感謝。これからの生活にとても役立つ部分が沢山あった。別れるか、一緒に居るか、とても悩む。自分が元気でないとやっていけない。ボーダーラインや依存の話が身にしみた。話し合えないことは問題だが、言葉以外、他の事柄でコミュニケーションがとれる方法がないかと考える。機嫌よく暮らしていきたいだけなのに、毎日、不機嫌で限界を感じる。ASDに限らず、人と、関わるのが煩わしい。自分肯定も、他者肯定も不足していると感じる。今回の話が心に残り、熟成して自分に変化が起きるといいなぁと思う。感情は人間の人間らしさなのに、それが自分を、苦しめる。それぞれの当事者の方々から話が聞けて良かった。かなり疲れたが濃い時間でした。毒を吐きます→障害者当事者も高次脳の夫に対して、ズルい!人として信じられない。許せない気持ちは拭えない。質問紙のおおさから、セルフヘルプの方々の意識の高さ(困り感の強さ)を感じた。一般の講演会よりも活気にあふれ、分かりやすく、お土産になる知恵も多く、来場した価値があった。内容が濃くて気付きがたくさんあった。自分の理解が付いて行けなかったのが残念だったが、来て良かった。サードプレイスの活用法。対策を相談できるよう、明確な目的を見出すくらいまで考えをまとめられるのがベスト。 「鈴木さん」原稿なしでの話、世の中の大半の人より、よっぽど上手です。すごく分かりやすかったし、声もステキです。どんどん声を出して下さい。聞いている方はとても心地よいです。「冠地さん」本当に勇敢ですね。もっと質疑応答が聞きたかった


スクリーンショット 2019-06-11 9.15.01



スクリーンショット 2019-06-11 9.21.57スクリーンショット 2019-06-11 9.23.53






















CADD脱出プログラム四期 ステージアップセミナー終了

CADD(カサンドラ)脱出プログラム四期ステージアップセミナー3回のご報告です。
今回のステージアップセミナーは、三期までの集大成であり、ひとつの完成形を
迎えたところでした。
その内容にふさわしい参加者のみなさまに恵まれ、より内容を
高めることができました。
本当にありがとうございました。
1名3回 (2)

カサンドラ脱出のために、このセミナーが有効であること、
そして、現在においてそれが、唯一無二であることを、
見知らぬカサンドラのみなさんに、今後、
広く伝えていただけることを心から願っております。


アンケート結果 10枚/11名
<20代0名・30代1名・40代2名・50代2名・60代2名70代1名無記入2名> 
                                                                                                                                     
1.本日の感想 

①残念ながら、期待はずれ(0)

②まあまあ、参加してよかった(0)
③きてよかったと思った。(10)

2.  今日あなたが得たものや感じたもの
・夢や希望を視覚化し、表現することの大切さをありがとうございました。
・心が解放されました。ワークも楽しかったです。
・100リストも自分の求めているめのがわかりました。このプログラムに参加して本当によかったです。
・演じることで心を解放することはできなかったようですが、皆さんの素直な姿に触れて感動的でした。かめおか先生に直球で「良くわからない…」と言って申し訳なかったでしょうか。私の心のカラが固いのかしら?
・ずいぶん柔らかくなったなと思いましたが、もっともっと柔らかくなれると思いました。可能性が大きく広がりました。楽しかった!!
・自分自身を少々ですが、客観的に見られたように感じました。
・身体への感謝、身体から発する声、大切にしないといけないとつい最近感じていました。午後のワークでそれが間違いでなかったのだと実感出来ました。
一回目から今日に至る短い時間で心の健康度がアップしていくこと十分に感じられました。
このセミナーに勇気を出して参加して会を重ねる度に脱出している気がしました。これからも自分に向き合い続けながら前を向いて進んで行きたいと思いました。
・100夢リストを書き終わった時、人と繋がる大切さや回りの人達の役に立ちたいとおもっている自分に気付けて元気になってきました。自分を信じて楽しい人生にしていきたいです。
・イメージすることが、実際の体験につながっていくなと感じた。
・仲間ができたこと
・ビジョンマップをつくり、かめおかさんのワ
ークに参加し、自分の望み願いが明確になりました。あきらめずに、夢は叶うと信じて生きていこうと思いました。
・と
ても楽しく有意義な内容でした。かめおか先生の導きが素晴らしく愛があるので、心地よくできました。辛い事も苦しい事も今日の事をふまえてHAPPY思考でやっていきます。

39a


CADD脱出プログラム ステージアップセミナー2回

CADD(カサンドラ)脱出プログラム四期ステージアップセミナー2回のご報告です。
毎年、ご協力いただいているASD当事者の講師の方、お二人にご登壇いただきました。
パートナーの方が、複数参加くださり、より充実した座談会になりました。勇気をもって、参加くださったパートナーの皆さんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

アンケート結果 12枚/12名
<20代0名・30代1名・40代3名・50代3名・60代1名無記入2名> 
                                                                                                                                     
1.本日の感想 

①残念ながら、期待はずれ(0)

②まあまあ、参加してよかった(2)
③きてよかったと思った。(8) ※記入無2名

2.どんな点が印象に残ったか。

アンガーマネージメント(4)
コミュニュケーション(9)
特性理解と対応(8)

3.今日あなたが得たものや感じたもの

夫との関係改善に、改めて(半ば腰をひき気味でも)1日でも取り組んでみます。ていとくさん、こうやさん、大変参考になるお話をありがとうございました。

素質論については、自分で勉強してみたいと思います。ほかのメンバー(カサンドラさん)が、パートナーさんのことで悩まれていることは私にも当てはまることがたくさんありました。いい気づきになりました。ありがとうございました。

・タイプの違う2人のASの方にお会いできて良かったです。夫といつまでいっしゃに生活できるのか、自分1人に早くなりたいのですが、第三者をたてる時期を見ているように思います。

・アスペルガーの方の感覚や考え方が聞けて良かった。「愛」や「友情」が分からない、というのは本等で読んで知っていたが、本当にそうなのかとしみじみ思った。「愛」って何なのかな?と疑問に思った。同じ人間なのに不思議。共に生きていく答えにたどりつけるのか??自分自身にはまだ答えが出せない。

・自分がコミュニケーション力不足なことに絶望感を持った。「許せる彼」に育てられる可能性もある今よりマシになれそう。
・講師のお話が全て解ったとは言えませんが、どうして解らないかが解った部分が沢山ありました。各々違うので、本人理解はまだまだ遠いのですが、絶望から一歩離れた気がしました。
・体調不良のために午後の学びに参加できなかった事は、残念でした。
・素質論が面白かったです。コウヤさんの頭の中のことを言葉にしてもらったことがとても学びになりましたが、混乱中。
・第1回同様、内容がとても濃くて、おもしろかったです。特に発達障害ご本人の様々なお話を聞くことが出来て、とても参考になりました。

 ・同じ仲間と時間を共有できたこと、合間にお話できてよかったです。あと1回でその機会がなくなってしまうのがさみしい。

 ・先輩が学んだ、人それぞれの特性。

・当事者の方々と本音でお話できたことが本当によかったです。

こういった機会はほとんどないので、ありがとうございました。

素質論は目からウロコでした!もっとよく知って活かしていきたいです。
がーべら3

















CADD脱出プログラ四期 ステージアップセミナー1回

CIMG0649CADD(カサンドラ)脱出プログラム四期ステージアップセミナー1回のご報告です。
ステージアップセミナーは、今回からSORAがスタートから講師をつとめ、よりカサンドラ色の強い
内容になりました。

皆さんにたくさんのことを伝えさせていただき、受け取ってもらえたことに
感謝、感謝、感謝です。本当にありがとうございました。
また、次回も泣いて、笑って、元気になりましょう。
お待ちしています。
SORA

アンケート結果 11枚/11名
<20代0名・30代1名・40代3名・50代4名・60代2名70代1名> 
                                                                                                                                             1.本日の感想 

①残念ながら、期待はずれ(0)

②まあまあ、参加してよかった(0)
③きてよかったと思った。(11) 

2.どんな点が印象に残ったか。

①ライフグラフ(2)
②マズロー(0)
③BEDOHAVE(5)
④カチッとファイブ(2)
⑤ジョハリの窓(5)
⑥解決志向(6)
⑦リフレクティングテーム(11)
⑧ハグの実習(7)

3.今日あなたが得たものや感じたもの

・自分で選んで行動していけばなりたい自分になると思っていた。BEDOHAVEが速いと解ったので、とにかく「なりたい自分」というものを見つけたい。
・助け合い励まし合える人がいることで勇気を持て、前に進もうという気持ちになれることが良くわかりました。ハグにエネルギーをもらいました。自分の見方、考え方一つで人生は違ったものにできると実感しました。
・今日は、普段の生活の中ではなかなか聞くことが出来ない言葉のシャワーをたくさんあびて、感謝の気持ちでいっぱいです。ハグをして愛に飢えているな~とチョッピリ感じました。チーム・リフレクティングが新鮮な体験で面白かったです。
・自分の決めたこと、続けてきたことを肯定していただけて嬉しかったです。自分が見ていた自分と皆さんの感じてくださった自分はそれほど違っていなかったことで安心出来ました。
・最後にハグが出来たことが良かったなあとリフレクティングの時に思ってしまいました(そういう話題になったので)そうしたら、ハグの実習があったので、とても感動というか嬉しかったです。なぜなら、今、私がここに来られるくらい普通に生活ができるようになってきたのは、多分子どもたちと日常的にハグをし続けてきたおかげだから。色々なノウハウも学べてよかったけど、カサンドラに1番不足しているのがこれだと思います。さすがの内容だと思いました。経験した人にしかわからないことです。ありがとうございました。
・短い時間では書ききれません(どのように書いたらよいのか?)あちこち場を求めて出掛けましたが、今日のように自分自身が温かい思いに包まれたことはあったかな…と思えてしまいます。あきらめず、後悔のないように、人の中でもがいていきたいです。私でいい、子どもでいい…夫…もよし、となれたらと前向きです。
・自分の気持ちをちゃんと受け止めてなかったと気づきました。ライフグラフやジョハリの窓など自分のことを客観的に見つめられるワークが良かった。特にソリューションフォーカス・カードはすごいと思いました。問題にフォーカスしがちなカサンドラの人には具体的に解決する視点が持てる言葉でした。
・リフレクティングチーム。
色々一見無責任なように見える発言〔これが大事かも〕にも楽しい気づきがありました。それぞれの荷物はありながらも、希望を持って自分をねぎらってまた動こうとのエネルギーを頂けました。
・申し込んだ目的は、どんな解決パターンを選ぶのか?です。障害者と気付かず生きてきた夫の苦悩も理解できる自分でありたい。この先も10年、20年を幸福感を感じながら生きる術を教えてもらい、選べる自分を作るつもりです。夫はアスペルガーとアル中。
・自分をもっと大切にしていいんだ、すべきなんだということ。
・解決志向に意識を変えていきたい!と強く思いました。志向グセがあると気付いたので、その都度変えていきたいです。本で読むより、このセミナーに参加して、皆さんとセッションする方がわかりやすく、今回自分の良さにも気付くことができて元気が出ました。参加する事ができて本当によかったです。ありがとうございました
ぼかしCIMG0638













皆さんの感想 ようこそ先輩カサンドラ 怖いのは、二次的障害!~「知らない」ことが引き起こす、負の無限ループ

パートナーとの関係ではなく、
初の子どもをテーマにしたようこそ先輩カサンドラでした。
子どもの発達障害が、騒がれ出して診断されたり、
療育など取り組みがはじまったころ、就学前後だったお子さんは、
すでに成人を迎えています。

HP2018513


グレーゾーンまでもいかず、ただ、上手くいかない子育てに
自分を責めてきた方、早くから取り組んでも、思うようにならない悩みを
抱えている方、ご自身の母親、父親が発達障害だったかもしれないという振り返りに
至るなど、様々な想いが交錯しました。

明るく、力強く、そして楽しくお話いただけた稲葉さん、
本当にありがとうございました。
これまでも、ぱそこん入門で引っぱりだこだった
稲葉さんですが、今後もますますファンが急増しそうです。

アンケート結果 22枚/27名
<20代1名・30代1名・40代6名・50代12名・60代3名・70代1名・未回答1名>  
                                              
1.本日の感想 

①残念ながら、期待はずれ(0)
②まあまあ、参加してよかった(2)
③きてよかったと思った。(22) 

2.どんな点が印象に残ったか。

①第一部・稲葉さんの話
1)虐待親への違和感(13) 
2)診断以前の話(12) 
3)診断内容と診断直後の話(11)
4)発達障害と向き合う(15) 
5)精神障害と向き合う (14) 
6)これから 
7)カサンドラとして (10)
②配布資料(5)
③ 座談会フリートーク(17)
④ その他(1)


3.その他、お気づきの点、ご感想など


・私には子供がいないのですが、発達障害とその二次障害と疑われる症状を呈した夫がおります。アスペルガー夫との関係に悩むお話はいつも聞かせて頂いていますが、二次障害のお話が聞ける機会はなかったので、とても興味深く聞かせて頂きました。子を持つ親としてというのではなく、正しい療育が受けられず、めちゃくちゃに歩いてきてしまった夫の子供時代をクロウサさんのお話に重ねながらうなずいていました。解離症状のある人のお話も聞けてよかったです。

・悩んでいる仲間は多い。そしてここに出てこれない人はさらに多いのだろうとお話を伺いながら感じました。クロウサさん遠くから有り難うございました。

同じような事柄で日々頑張っていらっしゃる方々の話を聞けて励みとなりました。
・自身に重なる事例が多すぎて心をえぐられた。上には上がいる。パワーがすごい。でもみんな個性があるのだから、アスペルガーをせめてもいけないなあと。

障害者の年齢や性別が違っていてもカサンドラの感じる共感性が高いということは一定の上手くいく対応パターンがあるのかもしれない。
・私の境遇と同じ人に出会えたことは大きな救いとなった。長年悩んできたことを同じようにお話しくださる方がいて共感できホッとした。初めて出会えて感動でした。
・自分の悩みが小さいことのように感じてしまいました。でも、家に戻ったらまた悩み始めるだろうとは思いますが以前より冷静に頑張れそうです。
・息子が小さい頃私のしたこと、思ったこと、たくさん思い出しまし、涙しかなり辛かったです。が、それをふまえて、また、ほんの少しずつ進んでいこうと思えました。帰りたくない気持ちもありますが、また、子どもたちとしっかり向かい合ってできることを1つづつやっていくしかないかなと思っています。
・辛い思い出だと思いますが、よくお話ししてくださったと思います。これからも、自分をふくらませて向き合ってあきらめないでいきたいと決意を新たにしました。
・なかなか壮絶なお話でしたが、明るくお話しして下さったので、落ち込まずに聞けました。有り難うございました。
・自覚がないことに気づけました。お話をシェアして頂けて有難かったです。
・今日は初回でしたので、又、足を運んで学んでいきたいです。
・これからを考えるスタートとして、たいへんいいお話をうかがうことができました。すぐに実行できそうなヒントがありました。カサンドラとしてのお話はもう少し時間があったらよかったと思いましたので、また機会がありましたら参加させていただきたいと思います。
・似た様な状況の方がこれだけいらっしゃるのを見て、普通じゃないが普通の事なんだ、と思える気がした。
・カサンドラの体験談がどの人をとっても同じものはなく、息子さんに発達障害が多いことから、3人息子がいる身としていろんなケースを聞いておくのは本当にためになります。
・まだ、ひきこもり不登校の中から脱出できないでいる人が多く、大学進学などの成功の秘訣を知りたい人が多いと思いました。その辺りのヒントもさらにくわしく知りたいと思います。
・発達障害に気付けるまでの間にこそ問題が起きるわけで、早く気付ける方法があればいいのにと思う
・くろうささんのパワフルなお話を伺って少し元気を頂きました。と同時に、まだまだ大変な日々が続くんだろうな、と、自分を振り返り、暗たんする思いにもなりました。
たくさんのお仲間とお話が出来て救われました。次回、息子さんにもお目にかかってみたいです。
・息子が父親を切り捨てた?我が家は12年前に夫がなくなり、夫を理想化しているように感じています。40歳の去年トラブルを起こしているように感じます。40歳の昨年トラブルを起こして強制的に入院となり、自閉症スペクトラムを言われ、夫をモラハラと思っていたが、夫もアスペで私はカサンドラだと気がついた。
・くろうささんのお話の前半は全く私の状況と同じで、私のような人はいないんだろうと思っていた私は涙が出そうになりました。子供は中学生なので、これからどうなっていくのか?私はどうしていったらよいのか?という悩みもありますが、フリートークで年が上の方のお話が聞けて、大変参考になりました。
・今日は、初参加でしたが、たくさん共感できる所があり、驚きました。ただ、自分自身ももしかしたらアスペルガーなのではないか?と疑ってもいます。私は皆さんとは立場が違い、母親がアスペルガーかもしれない中でも皆さんのお話はすごく参考になりました。家族の中でも理解が得られない状況は大変苦しいです。今日は本当にありがとうございました。
発達障害のある家族と向き合うには相手をいかに理解し共感することが大切だと思いました。
虐待親が子どもに与える影響は大きいものだと理解していますが、自分も言葉や態度で追い詰めることが多いです。荷物を下ろすという作業が少しずつでも進んで自分も子どもも幸せになりたいと切に思いました。CIMG0602


4.今後、ワークショップで取り上げてもらいたい内容などをお書きください。
・大人の発達障害を専門に扱う医師、先生のお話など。
・いい離婚弁護士さんを知りたい(まだいないかもしれませんが)
・子どもの引きこもりについて取り上げてください
・対象からはなれるために具体的な方法、どうしたらよいかを知りたいです。
・やはり、アスペの親をもった子供が親にどう接すれば良いのかをききたいです。
・不登校の子供との接し方




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

CADD脱出プログラム三期3回 ご報告

CIMG0572 (2)今回で最終回。
CADD(カサンドラ)脱出プログラム三期3回のご報告です。
厚い鎧を脱いで、光り輝く自分を見つけていく一日を
過ごしていただきました。
全回参加された方には、修了書を授与させていただきました。
四期の開催は、秋以降になります。日程は、夏以降、メルマガでお知らせいたします。


アンケート結果 9枚/10名
<20代0名・30代0名・40代6名・50代2名・60代1名> 
                                         
1.本日の感想
 

①残念ながら、期待はずれ(0)

②まあまあ、参加してよかった(1)
③きてよかったと思った。(8) 

2.どんな点が印象に残ったか。

①BE・DO・HAVE(6)
②ビジョンマップ(9)
③かめおか先生のセッション(8) 
④その他
CADDHP用



3.その他、お気づきの点、ご感想など

・3回おわってみて、やっぱり、2回目の当事者の方とのお話しが、もう少し時間を使ってやってみたかったです。3回ありがとうございました。
・いつも新企画を考えていただき、ありがとうございます。かめおか先生のセッション楽しかったです。第一回目でやってくれたA Cのワークまたやってほしいです。新しいプログラム期待してます。
今回途中からの参加だったので、最終回をもう一回参加したいです
・そらさんの最後の話、心に残りました。
・自分を解放出来たようで楽しかったです。

CIMG0584 (2)












CADD脱出プログラム三期 2回 ご報告

CADD(カサンドラ)脱出プログラム三期2回のご報告です。
障害特性と対応について、安心できる仲間とともに中身の濃い一日を過ごしました。
一日参加のプログラムでは、お昼休みのおしゃべりも楽しみな時間です。

アンケート結果 11枚/12名
<20代0名・30代0名・40代5名・50代3名・60代3名> CIMG0547
                                         
1.本日の感想
 

①残念ながら、期待はずれ(0)

②まあまあ、参加してよかった(0)
③きてよかったと思った。(11) 

2.どんな点が印象に残ったか。

①感情をコントロールする(7)
②素質論(10)
③講師の方の自己紹介(5) 
④グループ座談会(11)                           
⑤その他
・最後にマントラをお互いに伝え合うところ
・昼食会のおしゃべり
・ASの特質を正しく理解して愛情を失わない様に出来る方法を教わり勉強になりました。

3.その他、お気づきの点、ご感想など

・当事者の方のお話で、教育や本能について、知ることができて長い間悩んできたことに解答を
いただいだように思います。ありがとうございました。自分のこと、少し信じることができそうです。
・リラックスした中で自己発見、他者発見とできました。当事者として、男性側としての意見、思い、
参考になりました。具体的な対策もアドバイスいただけてよかったです。男女差、日本人特性のまで
深い話をためになりました。
・色々な話ができて楽しかったです。
・講師の方の一所懸命誠実に話して下さる姿、ありがたかったです。私も夫も?成長できたらと思いました。
・当事者の方のお話を聞けてよかったです。定型、非定型に関わらず、男性(日本人の)はあまり、
変わらないなぁ、とも思いました。
・なかなか貴重なお話に目からウロコ‥‥‥ではなく、やってきたよ それ!ってことが多くて、それで
ダメだったので、妙になっとくする会でした
・コウヤさんのお話をうかがって、うちの主人と同じ(似ている)タイプと感じました。新しい発見というより、
やはりそうなんだ という印象でした。(年齢も同じくらいです。)
・グループ座談会での気づきがあるので、もう少し時間が欲しかった。
・講師の方達に、この場に来て話しをしていただけた だけでも心より感謝申し上げます。
とても参考になりました。
・当事者の方のお話がとても興味深かったです。家でチャレンジしてみようと思うことが いくつかありました。
感情のコントロールの話も とても参考になりました。

ブログ用
午後は、おふたりのASD当事者さんから話を聞きました。












CADD脱出プログラム三期 1回ご報告

CADD(カサンドラ)脱出プログラム三期1回のご報告です。
参加者全員のつながりを深く感じたスタートになりました。
杉山先生ありがとうございました。

アンケート結果 11枚/11名
<20代0名・30代0名・40代4名・50代4名・60代3名> 
      
                                                                                                   杉山先生
CADD201801216
                                          

1.本日の感想 

①残念ながら、期待はずれ(0)
②まあまあ、参加してよかった(0)
③きてよかったと思った。(11) 

2.どんな点が印象に残ったか。

①できる山・わかる山(4)
②自分を知る(5)
③解決志向で考える(8) 
④これからの私(6)
⑤その他
・総合的に有益な学びの場となりました。
・杉山先生の娘さんのお話

3.その他、お気づきの点、ご感想など
・グループワークの時にタイマーをセットして全員がフリートークにしてみるといいかなと思った。
一人が喋りりすぎてしまう場面があった。
やっぱり共感できたことが一番
・解決志向は苦手だったのですが、スモールステップで積み重ねていこうと思えました。
メンバーと話し合う時間が多かったので始めキンチョウしましたが、気づきが多くありました・・・
・SORAさん、この会を開いて下さってありがとうございました。
これから視野を広くして学んでいきたいと思っています。よろしくお願い致します。
・今日はどちらかというと自己啓発セミナー寄りかな?と思いました。
・杉山先生ご自身のご家庭の話をありがとうございました。

CADD201801212 (2)





CADD20180121



  • ライブドアブログ