アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

お役立ち情報

こころの元気+12月号

こころの元気+ 12月号に執筆させていただきました。

image

発達障害 空気を読まずに言いたい放題

という発達障害の方からのお話が続く連続コラムで、
「カサンドラ」について、書かせて頂きました。

精神疾患の方を支援している雑誌ですが、
カサンドラについては、はじめての掲載ということです。

少しでも、このような活動からも、
カサンドラという状況を周知していきたいと思っています。

「特集 イライラ・爆発 なんとかしたい」は、
みなさんの役にも立つかしら。
よろしかったら、購入されて下ご覧さい。
(SORA)

 

京都講演会 カサンドラが集える場をつくりましょう

京都の講演会は、当日参加もあって、83名の盛況で終わりました。

kyouto1

主催のカイさんには、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

予想をはるかに超えた参加人数に、会場が狭くて、
不都合も多々、あったかと思います。

それでも、きっと、参加できた方には、きっと
大きな意味をもった一日になったのではないかと思います。

多摩でスタートした4年前を思い出しました。

受付のドアの前でノブに手をかけた時に
震えて、動けなくなりました。

そんな風におっしゃる方が今よりもっと多かった4年前。
センシティブな状況で、
女性限定、ASDの方は、もちろんお断りでした。

今は、しゃべりばを飛ばして、ASD勉強会から、参加される方も
多くなりました。
情報が行き渡って、アスペルガー・アラウンドに来る前から、
自分を肯定できる方が多くなってきています。

少しずつ、少しずつ、世の中は、動いているのですね。

京都には、しゃべりばが必要です。
どなたか、どうぞ、発足されますように。
祈念しています。

********
おかげ様で、様々な方ともつながりを持つことが
できました。
NPO法人暮らしデザイン研究所の取り組みを
ご紹介いたします。
日常に直結した内容に納得です。ご覧ください。
https://kurashi-design.org/

image

「わたぶん クリスマスの森」のお手伝いに行きます。

東大和市の町おこしイベントにSORAが、ワークショップで
伺います。

アスペルガー・アラウンドのガーベラ・アートで
好評だった「銅箔の」

http://asperger-around.blog.jp/archives/73580851.html


お近くの方は、良かったら、いらしてください。
詳細は↓ 私が担当するのは、12月9日のみです。

https://miraikiti.wordpress.com/ 

京都にカサンドラ啓発のために講演に伺います

京都のカサンドラ仲間が、以下のイベントを
起こしてくれました。

11/22日朝日新聞朝刊(京都版)に記事が出ました。

http://www.asahi.com/articles/CMTW1711212700001.html

さらに、京都新聞が、大きく取り上げてくださって、
参加申し込みが50名を超えています。


本当にありがたいことです。
カサンドラの分かち合える場が、これを契機に発足できることを
祈って行ってきます。

************

アスペルガー・アラウンドのSORAが、講演に伺います。

会場で、互いに語り合える時間をとれる講演会にしたいと思っています。

京都の皆さん、応援に、是非、駆けつけてあげてください。

カサンドラの脱出は、まず、仲間と分かち合うことから・・です。

**********

最近マスコミでも注目されつつある「カサンドラ症候群」は、発達障害の人の配偶
者が多く陥る症状。
出口のない辛い状態が続きますが、その原因を知れば対処の知恵も出てきます。
まずは「知る」ところから。そして同じ状況の人達と本音で語るところから。
大勢のご参加をお待ちしています。
        
                         京都・カサンドラ症候群を知る会(仮称)

パートナーがアスペルガーかな?と思ったあなたへ
脱出カサンドラ/入門編講演会

◆講師
 アスペルガー・アラウンド SORA


◆会場
 公益財団法人 京都科学技術センター B会議室    
  京都市左京区吉田河原町14
  4a)会場への地図
 

◆日時
 2017年12月3日(日)
 受付13:30

 開始14:00 終了16:30


◆参加費
 2000円 当日受付でお支払い 5)イラスト

◆申込・問い合わせ:
    
peony-button@mbr.nifty.com
         担当: カイ



KHJ全国ひきこもり家族会連合会・実践交流研修会 全国大会in東京

KHJ全国ひきこもり家族会連合会
実践交流研修会   全国大会in東京

ご縁があって、引きこもりの方の家族会とつながりました。
学ばせて頂きます。

二日目の分科会「発達障害」でお話させて頂きます。
お申し込み、詳細は、下記から。

http://www.khj-h.com/taikai2017.html 

 小冊子も当日、頒布させて頂けるそうです。
深く感謝いたします。

TAMA女と男が共に生きるフェスティバル

アスペルガー・アラウンドは、
多摩市の男女参画事業の登録団体です。

TAMA女と男が共に生きるフェスティバルに
パネル展示で  参加しました。(6/20〜6/24)

 たくさんの方に関心を寄せて頂き、
7/1講演会にもいらして頂けるそうです。
ありがとうございました。
image 

朝日新聞(大阪)朝刊に小冊子が紹介されました

朝から、ひっきりなしに注文が入っています。
きちんと取材していただいて、丁寧にご紹介いただきました。

http://www.asahi.com/articles/ASK547FR6K54UBQU00B.html

紙面も大きくとっていただいて、大変、ありがたいです。

4月20日の朝日新聞のカサンドラに関する記事で、
カサンドラに気づいた方々が、

「これから、どうしたら良いのか?」
「病院はどこにあるのか?」
「どこに相談にいったらよいのか?」と、

不安になった方がたくさん、いたと思います。

この小冊子が、
少しでも手がかりになっていただければ、嬉しく思います。

今回の小冊子発刊の目的は、3つありました。

1)カサンドラを周知させて、相談機関を増やすこと
2)カサンドラをパートナーに持つ方に正しい知識と対応を知っていただくこと
3)カサンドラ回復のために自助会を発足する方を増やすこと

でも、3つとも、不十分であることを感じています。

1)は圧倒的に自治体や関係所管に頒布する量が足りません。
2)3)はページ数が限られていて、書きたいことの半分もかけませんでした。

2)は、ASD勉強会で足らない部分をこれからも、お話しさせていただきます。
3)は、しゃべりばをお手伝いしてくださる方の研修会をスタートしたので、
そこでお話しさせていただこうと考えています。

そして、入門編ということは、続きがあるんですか?と
朝日新聞の担当記者の方に、ご質問をいただきました。

はい、あります。
私には、「カサンドラのその先」というテーマを掲げて
アスペルガー・アラウンドの活動をスタートしました。

入門編は、まず、カサンドラ側のために書きました。

でも、本当のカサンドラのその先は、アスペルガーのパートナーの協力なしでは、
得られないと思います。

だから、その先へ、私は挑戦していきます。

みなさまのご支援、ご協力なく、その挑戦は
できないものと思います。

どうぞ、これからも、よろしくお願いしたします。

小冊子朝日3














※関西方面のカサンドラさんにお願いして
写メをいただきました。ありがとう~













大人の発達障害当事者会のご案内

アスペルガー・アラウンドにいらっしゃる方の中に、
パートナーが歩み寄りを見せているケースがあります。

その時に、お二人の次のステップとして、おすすめできるところが
なかなか、ありません。

社会的に適応されている方であれば、診断も、労多くて、実り少なく、
むしろ、リスクすらある場合があります。

お二人の関係改善になっていく丁度良い場所がない・・・。

パートナーとの関係改善プログラムに今年こそ、取り組みたいと考えています。


さて、今回私が参加してきた日野「大人の発達障害当事者会」について、
ご案内します。
日野「大人の発達障害当事者会」は、
7月にパネラーとしてご登場頂くHINO飛ぶ教室の主宰の滝口仁先生が世話役を
引き受け、運営されています。

大人の発達障害って、どういうことなんだろう???
書籍でなく、
交流を通じて理解していきたいと思った方は、是非、コンタクトをとって
申し込まれてください。

4月講演者である飯野雄治さんの講演も大変有意義な内容でした。

5月講演者である岩本友規さんの講演も、大変、希少な講演会です。

お申込み方法は、私のFacebookから滝口先生のところへ行かれるのが、
わかりやすいと思います。私も5月は、参加します。

5月20日13時半~
東京・多摩「大人の発達障害」当事者会~学習会】
ご講演  岩本友規さん

以下は岩本さんの掲載記事のご紹介です
https://job.yahoo.co.jp/magazine/article/20151104-00000557-job_magazine/

4月ご講演者
飯野雄治さん(著作をご紹介させていただきます)
https://www.amazon.co.jp/%E9%A3%AF%E9%87%8E-%E9%9B%84%E6%B2%BB/e/B004MNYQS8

  • ライブドアブログ