アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

代表SORAの夫との生活や日々、思うことは、《夫ネタ★脱却!カサンドラ》
http://blog.livedoor.jp/khan2013214-otto/ をお読みください。

お役立ち情報

ウートピにCADD脱出プログラムが取材されました

女性の好奇心が目覚める情報サイト「 ウートピ」

アスペルガー症候群 の人とほどよい関係を築くための“解決志向”とは?
http://wotopi.jp/archives/47594

ウートピは、
アラサー女性のために人生の選択に後悔しないための
女性に必要な知見や、新たな視点・考え方を提案する情報サイトです。

増加していると言われているアスペルガーの方を避けて生活するよりも、
どうやって一緒にやっていくか。

ウートピ二度目の取材は、
現在、実施中のCADD脱出プログラム第3回を取材いただきました。

CADD脱出プログラム第3回は、アスペルガー・アラウンドの根幹を成す
解決志向=ソリューション・フォーカスを実際に体感してもらうセッションでした。

CADD脱出プログラムは、さらにブラッシュアップさせて、来春から第二弾を
スタートさせます。

第二弾は、参加条件を
ステージ1のしゃべりば(同等のもの可)
ステージ2のASD勉強会・初級(同等のもの可)を受講している方を対象に
受付けさせていただく予定です。

カサンドラの立場でASDを学べる講座は、希少です。
ASD勉強会・初級に、是非、いらしてください。
お待ちしております。

カサンドラ周知のために、ウートピの記事の拡散にご協力ください。
ウートピ掲載の過去の記事は、アスペルガー・アラウンドのプロフィール末尾のリンクから
ご覧ください。

カサンドラ序曲ーおすすめの新刊ー

15年前に夫の診断が出たころ、発達障害のことを知る人は、
地元には、ほとんどいなかった。

本屋さんで探しても、関係書籍は、難しい本ばかりで、読むのに苦労した。

司馬理英子さんの「ジャイアンのびた症候群」が、流行りだしたころで、
大人の発達障害なんていないと思われていた。

息子の3歳児健診で、私が保健婦さんにその特性を訴えても、
「発達障害は、発達がどこかで追いつくこともありますから、様子を見ましょう」と
待ったをかけられるような時代だった。

私は障害児学校に勤務していたから、障害は「早期発見、早期療育」であることを
知っていた。

でも、息子を適切に受け入れてくれるところは、確かになかった。

そして、そばにいるもっと大変な夫を理解する人は、皆無だった。

✱✱✱✱✱

アスペルガー・アラウンドのASD勉強会の中で、私は、

今は、書籍が山のように発刊されて、情報が満ち溢れている。

けれども、私の求める内容が書かれている本は、未だにない。

と話してきました。

私が唯一、手がかりにしてきたのは、洋書であり、そして、アストン博士の翻訳本だった。

今、ようやく、和書として、はじめて、私が15年前に、読みたかった本が発刊された。

宮尾益知
滝口のぞみ共著
「夫がアスペルガーと思ったとき妻が読む本」
誰にもわかってもらえない〝カサンドラ症候群〟から抜け出す方法

河出書房新社

夫がアスペルガー

長く、長く待っていた本の表紙に、〝カサンドラ症候群〟という
副題があり、そして〝抜け出す方法〟まで、提案されていることに
胸が熱くなり、感動すらおぼえる。

ASD勉強会で、おすすめの本の一冊は、あきらかに入れ替わる。

✱✱✱✱✱

この記事のタイトルを私はカサンドラ序曲とした。

15年前にこの本があれば、私は、アスペルガー・アラウンドを起こさなかったかもしれない。

そう思うほど、この本は、私が待ち望んでいたものだ。

しかしながら、それはもっと早く15年前に発刊されるべきだった。

今、私は、アスペルガー・アラウンドの活動から、カサンドラという状態を
夫婦間に限らない視点でとらえていきたいと痛感している。

ゆえに、この本は、カサンドラ序曲。

スタートに過ぎないと予感するのだ。


ウートピの取材を受けました 前半 後半

女性の好奇心が目覚める情報サイト「 ウートピ」
後半と合わせてお読みください。


http://wotopi.jp/archives/36220  


http://wotopi.jp/archives/36315


ウートピは、
アラサー女性のために人生の選択に後悔しないための
女性に必要な知見や、新たな視点・考え方を提案する情報サイトです。

増加していると言われているアスペルガーの方を避けて生活するよりも、
どうやって一緒にやっていくか。

若い女性向けにということで、
恋愛問題という発達障害の方にとっては、ハードルの高いお話に触れました。

全てのアスペルガーの方が、女性にモテモテなわけでは、もちろん、ありません。
また、相手との距離感がつかめないからこそ、女性問題をわからないままに、
起こしてしまうケースもあるでしょう。

しかし、一緒にいる者にとっては、いわゆる「男ってそんなもんよ」では、済まされない
決着がつかない想いを抱えるのが、アスペルガーの方との恋愛感情でしょう。

カサンドラの周知のために、記事の拡散にご協力頂けると幸いです。

新刊書籍のご紹介

待ち遠しく思われていたマクシーン・アストン博士の
新刊が、2月12日発売になります。
出版社は、
「アスペルガーのパートナーのいる女性が知っておくべき22の心得」の
スペクトラム出版社です。

『アスペルガーのパートナーと暮らすあなたへ』

A5版 並製 本文144頁 定価:1300円(税別)

アスペルガーと暮らす

ご購入は、
スペース96
amazon.co.jp
または、
アスペルガー・アラウンドで
ご購入いただけます。

野波ツナさん講演会(逗子市)お手伝いに行きます

逗子市つなさん


来る2月13日(土)にツナさんの講演会があります。
第二部のトークセッションに、ゲストでお招きされたので、行ってきます。
行かれる方がいらしゃいましたら、会場でお声をかけてくださいね。


日時  2月13日(土)

第1部 講演会 13:00~ (開場 12:45)
     「カサンドラ症候群への対処法と脱出法…私の場合」

講師  :野波ツナさん   
     「旦那(アキラ)さんはアスペルガー」(コスミック出版刊)の
     作者の実体験を踏まえたお話から、カサンドラ症候群に陥ら
     ないための対処法、カサンドラからの脱出法を考えます。

第1部 講演会 13:00~ (開場 12:45)
     「カサンドラ症候群への対処法と脱出法…私の場合」
   

第2部 トークセッション 14:30~16:00
        トークゲスト  久遠ナオミさん(エテルノ代表 心理カウンセラー)
                 真行結子さん(フルリールかながわ代表)
                 SORAさん(アスペルガーアラウンド代表)
        コーディネーター  吉田恭子さん(NPO法人エンツリー理事長)


会 場  逗子市役所5階会議室

定 員  50名(先着順)

対 象(女性限定)  自分はカサンドラではないかと考える女性当事者
                    パートナーなどとのコミュニケーションに違和感を抱える女性当事者

託 児  定員5名(5歳未満。先着順:2月3日(水)までに事前申込み)

申 込  2月1日(月)~ 生活安全課
 
電話   046-873-1111(内線 279)
FAX   046-873-4520

カサンドラ症候群から家庭力を考えるセミナー

イイトコサガシの冠地情氏プロデュースの『家庭力セミナー』で、
カサンドラがテーマでとりあげられます。(参加費 無料)
家庭力セミナー
『子どもと共に成長してきましょう!』

第三回
『都立高校とインクルーシブ教育・カサンドラ症候群から家庭力を考える』
 
日時  :12月13日(日)  13時30分〜16時30分(受付は15分前より)
 
会場:狛江市あいとぴあセンター(小田急線狛江駅徒歩10分)

講師 :櫻田万里
 
講師 :冠地情(イイトコサガシ代表)
 
共 催 : 狛 江 市・イイトコサガシ

【問い合わせ】 福祉相談課 相談支援係   03−3430−1111
 
講師:櫻田万里
 
特別支援学校に13年勤務後、普通高校に異動。
子供の診断を機に夫にも発達障害の診断がおりたのが
2003年。
大人の発達障害が周知されていなかったころから、家族
ともにそのあり方を探ってきた。
特別支援教育の位置付から、直ちにコーディネータを希望、
教育現場において、その啓発に力を入れてきた。
2013年からは、発達障害の方と関わることで生じる
『カサンドラ状態』の方を支援する非営利団体を発足。
 
 
講師:冠地情(かんちじょう:本名)
http://iitokosagashi.jimdo.com/
 
・イイトコサガシ(代表)
・ワークショップ・ファシリテーター
・ワークショップ・デザイナー
・研修&講演講師
・コラムニスト
 
1972年生まれ。
不登校・ひきこもり・いじめ・発達障害の四冠王だったと語る、
イイトコサガシの代表。
全国各地でいいところを探し、互いにほめるワークショップ
(80種類以上)を43都道府県で1000回以上開催。
これまでに10000人以上が参加。
NHK ハートネットTV、バリバラ にも出演。

一緒にいてもひとり

いまや、野波ツナさんの「旦那さんはアスペルガー」シリーズに
勝るカサンドラ本は、ないという感はありますが、

元祖、カサンドラ本の定番
「一緒にいてもひとり」は、タイトルが、一人勝ちでしょう。

2008年に刊行されて、じわりじわり、手に取られて、ついに4刷になりました。

4刷目巻末資料に他の自助会の方と一緒に『アスペルガー・アラウンド』も
掲載いただきました。

ご案内いたします。

41RwO7X3KpL__SX338_BO1,204,203,200_

自助会情報

アスペルガー・アラウンドに移行することに追われ、この2カ月間、
様々な情報をいただいてきたのに、お知らせできませんでした。

お役立ち情報にまとめようと思いつつ、載せていない自助会を
二件だけ、先にここでお知らせします。


■siesta(シエスタ)の会★カサンドラ(千葉県・木更津)
 2015年7月開始 定例会…月2回、「シエスタの会」
http://ameblo.jp/haebarutouko/entry-12055245609.html


■facebook 「カサンドラ愛情剥奪症候群の語り合い」

フェイスブックのグループで、登録された方だけの非公開グループに
なります。
にじ百合香のFBにアクセスしていただき、友達申請していただき、
そののち、グループのメンバーとして登録してもらいます。
すでにつながっている方からは、アクセスできるようです。プライバシーが
気になる方は、別アカウントをとられた方が良いかもしれません。

******

これを機にFacebookのアカウントをとられた方は、良かったら、
SORAのFBにもいらしてくださいね。


カサンドラの方には、各々段階があって、同じカサンドラ同士でも、気持ちの
すれ違いが起こります。
自助会も、その時の参加メンバーの偏りや、代表の方の意向で、相性が
生じるのは、当然です。

行動に出ることを恐れる気持ちは、とっっっ~てもわかるのですが・・・、
そして、本当に動けないほど、叩きのめされている時があることも、
十分に知っておりますが・・・・、

それでも、私は、ゆっくりでも、
もう一歩、その先に、すすんでいく勇気を持ってもらいたいと祈ってお待ちしています。

  • ライブドアブログ