アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

活動内容のご案内

AbemaTV「Wの悲喜劇」に出演させていただきました。

ネットテレビのAbemaTV 「Wの悲喜劇」オトナ女子の発達障害に出演しました。
シェリーさんが進行をつとめる真面目なおしゃれな番組です。
次回は、カサンドラをテーマに企画してもらえるといいなぁ。
皆さん、ご一緒に番組にメッセージを送りましょう。


https://gxyt4.app.goo.gl/?apn=tv.abema&ibi=tv.abema.AbemaTV&isi=1074866833&ius=abematv&link=https%3A%2F%2Fabema.tv%2Fvideo%2Fepisode%2F89-64_s1_p49%3Futm_campaign%3Depisode_share_cy%26utm_medium%3Dreferral%26utm_source%3Dreferral

カサンドラ症候群とその困難、そして回復への道すじ


イイトコサガシの冠地情氏プロデュース「家庭力セミナーの第2回」に招かれました。
今回は、タイトルがまさに、カサンドラ症候群!
発達障害当事者である冠地情氏と真向からがっちり、カサンドラ症候群について
語ります。
内容としては、アスペルガー・アラウンドのステージ2にあたるでしょうか?
ステージ2の勉強会までこられた方は、是非、冠地氏のパンチの効いたトークを
浴びにきてください。

カサンドラ回復の道すじ





静岡新聞で大きく取り上げられました!

アスペルガー・アラウンド静岡の代表をつとめるくろうささんが、
静岡新聞の取材を受けて、大きく取り上げられました。

最近、講演依頼も、「ASD&カサンドラの内容」でのお願いから
カサンドラについての依頼が増えてきました。

いよいよ市民権を得てきましたね。

静岡新聞低

アスペルガー・アラウンド静岡が取材されました

しゃべりば静岡が、静岡新聞の取材を受けました。

少しずつ、カサンドラの状況が周知されています。

みなさん、力を合わせていきましょう。

18静岡新聞201804



新企画第二弾 ホッとspace〜個別教育カウンセリング〜

カサンドラの方で、お子さんとパパの関係、あるいは、
お子さんの発達傾向に悩んでいる方は多いでしょう。

教育カウンセラーの井川淳子さんにオフィスで月1回、
カウンセリングを実施していただくことになりました。

井川淳子さんのご紹介

ソリューションフォーカスアプローチやブリーフセラピーをベースに
したカウンセリングを得意とする。
クライアントに合わせて、臨床美術やナラティブアプローチなども、
活用。

【経歴】
3人の子育て中、行政より家庭訪問相談員を依頼され教育の現場へ足を踏み入れました。
その後、10年以上にわたり、公立小、中学校、相談センターなどで年間200以上の面談。
規律性調節障害、場面緘黙、不登校、ひきこもり等様々なケースに対応。
(児童、生徒、保護者、先生対象)「その子だから出来ること︎」に注目して数年にわたるひき
こもりの解消、精神疾患での入院から学校復帰等にもたずさわってきました。
児童.生徒本人からのオファーも多数あり、現在も、新潟県のスクールカウンセラーとして
個別面談、教職員研修などを担当している。


井川さんからのメッセージ

日々の激流で、大切なものが見えなくなっていたり、

何もないように感じたりしていませんか。

あなたやお子さんは、本当はた~くさんの良いものモノを持っている!!

まずは「ホッとして」そして「ホットに!」

ぜひ、一緒に「あるもの探し」をしましょう。

お申込みは、HPのお問い合わせ・お申込みまたは、以下からお願いします。
https://resast.jp/page/event_series/33366

ひきこもり家族会「ぶなの会」講演会

ひきこもり家族会「ぶなの会」一周年記念講演会で
お話しさせていただきます。(SORA)

講演内容は、
カサンドラについて&ASD理解と対応の予定です。
一般公開されているので、誰でも参加できるそうです。

アスペルガー・アラウンドのASD勉強会の内容と重なりますが、
カサンドラさん向けではなく、一般の方向けです。

参加対象:ひきこもりの方の家族、ご本人、関心のある方


「カサンドラ症候群について」
(90分講演・質疑応答・交流会)

2018年3月18日(日)13:40~16:30 開場13:20

いちょうホール(八王子芸術文化会館)

参加費 500円

予約はいらないそうです。先着順。50名まで。

お問い合わせ先(ぶなの会)

櫻井 sakura42kei@docomo.ne.jp

後藤 tatan1.noi.uri@gmail.com

こころの元気+12月号

こころの元気+ 12月号に執筆させていただきました。

image

発達障害 空気を読まずに言いたい放題

という発達障害の方からのお話が続く連続コラムで、
「カサンドラ」について、書かせて頂きました。

精神疾患の方を支援している雑誌ですが、
カサンドラについては、はじめての掲載ということです。

少しでも、このような活動からも、
カサンドラという状況を周知していきたいと思っています。

「特集 イライラ・爆発 なんとかしたい」は、
みなさんの役にも立つかしら。
よろしかったら、購入されて下ご覧さい。
(SORA)

 

京都講演会 カサンドラが集える場をつくりましょう

京都の講演会は、当日参加もあって、83名の盛況で終わりました。

kyouto1

主催のカイさんには、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

予想をはるかに超えた参加人数に、会場が狭くて、
不都合も多々、あったかと思います。

それでも、きっと、参加できた方には、きっと
大きな意味をもった一日になったのではないかと思います。

多摩でスタートした4年前を思い出しました。

受付のドアの前でノブに手をかけた時に
震えて、動けなくなりました。

そんな風におっしゃる方が今よりもっと多かった4年前。
センシティブな状況で、
女性限定、ASDの方は、もちろんお断りでした。

今は、しゃべりばを飛ばして、ASD勉強会から、参加される方も
多くなりました。
情報が行き渡って、アスペルガー・アラウンドに来る前から、
自分を肯定できる方が多くなってきています。

少しずつ、少しずつ、世の中は、動いているのですね。

京都には、しゃべりばが必要です。
どなたか、どうぞ、発足されますように。
祈念しています。

********
おかげ様で、様々な方ともつながりを持つことが
できました。
NPO法人暮らしデザイン研究所の取り組みを
ご紹介いたします。
日常に直結した内容に納得です。ご覧ください。
https://kurashi-design.org/

image
  • ライブドアブログ