アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

TOP

エアコン、リニューアル!

アスペルガー・アラウンドのオフィスは、築30年以上の古い
マンションの一角にあります。

冬寒く、夏暑いのは、16年使い続けたエアコンが原因だったようです。

ようやく、エアコンを取り替えることにー。

入り口までドキドキされて、いらしてくださる皆様に、リラックスして
いただける空間を心がけてお待ちしております。


 ティーバー・アラウンド







 
AAぬいぐるみ

急遽、事務局担当、大募集〜!!!

アスペルガー・アラウンドの受付業務を手伝って下さ〜い。

毎月の参加お申し込みの受付処理をして下さる方を大募集〜。
メールを打てる方であれば、原則マニアル通りの文面を、
返信して下さるだけで結構です。自宅でできる作業です。

ご質問等やお問い合わせなど、マニアルにないものは、
SORAが対応しますので、ご安心ください。

各回イベントのお申し込みに対して、お返事を返信頂き、
お申し込み人数が定員に達したら、SORAに連絡頂くことが、主な内容です。

エクセル等のソフトが使える方であれば、加えて
イベント受付名簿の作成がありますが、それは、別途できる方に、ご相談に
なります。

今、一番にお願いしたいのは、
お申し込みに対して受付して、人数をカウントして頂くことです。


月に20人程度のお申し込みが来ると想定していてください。
作業内容に合わせて謝礼は、ご相談させて下さい。
作業内容に関わらず、引き受けて頂いた方は、アスペルガー・アラウンドの
参加費は、全て無料とさせていただきます。

カサンドラの周知啓発&救済の場を増やしていくためには、
SORA一人では、限界が来ています。

アスペルガー・アラウンドの活動趣旨にご賛同頂き、
どうぞ、お力をお貸し下さい。

ご連絡、お問い合わせは、以下のアドレスにお願いいたします。
お待ちしています。
 
asperger.around@gmail.com     (SORA)


イベントの表記を変更します

《情報交換会》の内容を、交流会&リフレクティング・チーム として、
何回か実施させて頂き、定着して参りました。

情報交換会では、内容がわかりにくいので、ワークショップに
位置付けて、名称も《リフレクティング・チーム交流会》とさせて
頂きます。
http://blog.livedoor.jp/khan2013214/archives/23044916.html
リフレクティング・チームは、ソリューション・フォーカス(解決志向)の
中のグループセッションの一つです。


タイムを決めて、参加者全員が均等にテンポ良く課題を解決に導くように
すすめていきます。

ご自分の状況をお話した経験が浅い方は、お話足らないと感じられると
思うので、ステージ1のイベントと併用して参加されることをおすすめします。

短時間で、参加者各々が主役を経験できる大変、有意義なセッションですので
まだの方は是非一度、体験されてみてください。

会場の都合で、次回は、3月以降に開催の予定です。


 

カサンドラのその先にーパネルディスカッションー

ご参加頂きました皆々様、誠にありがとうございました。
先般、カサンドラのその先にーパネルディスカッションーは、
定員をはるかに超えた参加者をお迎えし、滞りなく終了することができました。
東北、中国地方からはるばるいらして下さった方もいらっしゃいました。
当日参加の方も10名を越え、チラシを見て、飛びこみで、
入場された方もいました。

本当に心から、感謝を申し上げます。

ファシリテーターとしては、取り上げたい課題が多すぎて、上滑り感が強く、
内容を深めて行けなかったことが、悔まれます。

カサンドラ状態の日が浅い方の疑問には、少しではありますが、
応じられたのではないかと思いますが、
「その先」には、手をかけたまま、終わった感があります。

企画を起こしたあとに、「その先」は、半日ではなく、1日イベントになる
テーマ設定であったと気づきました。

次回は、基調講演を頂いた後、分科会を設定して、より深く、細かく課題に
踏み込んでいけることをイメージしています。

多忙を極める中、ご登壇いただきました
宮尾先生、岡野先生、野波先生、ありがとうございました。

そして、何ヶ月もかけて、準備に明け暮れてくださったスタッフの皆様、
スタッフの皆様は、無償ボランティアです。
スタッフの皆様に心から、感謝を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

アンケートがまとまりましたら、また、こちらでご報告いたします。
パネル全員










 

オラクル有志のボランティア基金


11/15実施
カサンドラのその先に
ーカサンドラという状態を抜け出すためのパネルディスカッションー

このイベントが、オラクル有志の会 ボランティア基金の助成を頂くことに
なりました。
応募団体133団体のうちの助成件数は、40件でした。
活動主旨をご理解頂いた嬉しさで、ご報告いたします。

11/15パネルディスカッションにご質問をお寄せください。

アスペルガー・アラウンドでは、
11月15日に以下のイベントを実施いたします。

カサンドラのその先に
ーカサンドラという状態を抜け出すためのパネルディスカッションー

当日、SORAは三人のパネリストと舞台上でディスカッションを
展開していきます。

お招きしているのは、以下の先生方です。

宮尾益知先生(どんぐり発達クリニック院長)
岡野あつこ先生(夫婦問題研究家・NPO法人日本家族問題相談連盟理事長・ライフアップカウンセラー)
野波ツナ先生(漫画家)

短時間では、ありますが、先生方に、皆様の質問を投げかけていきたいと
思っています。
質問を是非、お寄せ頂きたく、ご協力をお願いいたします。
ディスカッションの内容に反映させて頂きます。

質問は、

①200字程度
②◯◯先生に伺いたい
③ご自分のお立場(カサンドラ当事者・ASD当事者・支援者・医療関係者・・・など)

のように、まとめられて、以下のアドレスにお送りいただけますよう、お願いいたします。

asperger.around@gmail.com(アスペルガー・アラウンド事務局)
 

アスペルガー・アラウンド✳︎埼玉の会、発足

埼玉在住の未来さんが、中心になって、先日、埼玉で
カサンドラ女性の茶話会が開催されました。

参加者は、7人、新しい方もお二人お見えになりました。

私が未来さんに初めてお会いしたのは、6月ですが、
その時よりも、
一段と、しっかりと余裕のある表情になっていらして、 
とても、安心感のある集まりになりました。
満足度100%の会だったと感じています。

未来さん、本当にありがとうございました。
自助会は、たくさんあった方がいい、自助会発足のお手伝いをしたいと
呼びかけてきたので、私も本当に嬉しいです。

終了後に、ニーズがあることを確認して、
未来さんが、起こしてくれたこの会を、

アスペルガー・アラウンド 埼玉の会  として、
運営していくことにしました。

当面は、内容をアスペルガー・アラウンドの
「しゃべりば」を隔月程度に実施していくことを目指していきます。

次回は、11月上旬あたりを考えています。
アスペルガー・アラウンドのグランドルールを適用して、
運営していきます。

  未来さんからのメッセージです
  
 この度、アスペルガー・アラウンド 埼玉の会を担当していくことになりました未来です。


「アスペルガーアラウンド」に初めて参加した日、15年間の苦しく辛い思いの
「何か違う、何で?」をやっと見つけたように感じました。
  SORAさんと出逢い、皆さんと出逢い、お話を聞いて心がとても楽になりました。
  そのような場が埼玉にも必要だと思いました。
  SORAさんご指導のもと、参加してくださった皆様の応援を頂きながら、埼玉の会を
  開催していきたいと思います。

  どうぞ宜しくお願いします。

事務局ができました

アスペルガー・アラウンドに事務局ができました。

イベントのお申込みについては、10月イベント分からは、
事務局スタッフからお返事がまいります。

事務局スタッフは、ボランティアでお手伝いいただいて
いる皆さんのお仲間です。

どうぞ、お手柔らかに、ご協力をお願いいたします。

お返事は、スタッフからになりますが、
代表SORAは、
これまで通り、お問い合せやイベント、お申込みの内容を、
全て、読ませて頂いております。

これまで、たくさんのご連絡、お申込み、また、ご感想を
頂いて参りました。
皆さんのお力で、アスペルガー・アラウンドは、少しずつ、
歩んでおります。

ありがとうございます。

がーべら3
  • ライブドアブログ