皆様、ありがとうございました。
100名を超えるご参加をいただき、盛況に終わることができました。

また、地元からの新たな参加者、
新たなつながりをいただいたことも喜びとなりました。

濃密な内容に、参加者の皆様には、少々、消化不良を起こされた方も
いらしたのではと、申し訳なく思う気持ちもありました。

でも、アンケートを読ませていただいて、皆さんのたくましさや、生きていくことへの
前向きな思いが伝わってきて、私が胸がいっぱいになって泣けました。

実は、私自身もかなり、お腹いっぱい、新たなきづきと想いを抱え、
しばらく、このトークセッションを反芻する日々が続くように思います。

素晴らしい機会をつくってくださった鈴木大介さん、冠地情さんに
深く感謝いたします。

以下、かなり長くなりますが、アンケートを掲載させていただきます。
一晩でまとめてくれた、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

アンケート回収数 53枚/104名
<10代1名20代2名・30代11名・40代13名・50代19名・60代7名> 
                                         
1.本日の感想
 

①残念ながら、期待はずれ(1)
②まあまあ、参加してよかった(10)
③きてよかったと思った。(45)  

2.良かったと思われたもの

①ショート講演会 (36)
②トークセッション(49)
③その他     (4)
  小冊子も役立ちそう、
  3人共、全力投球でした。
  いろいろな方向から冷静に自分の気持ちを確認することができた


3.全体を通しての感想、ご意見、ご要望など

 
経営などの関係で難しい かとは思いますがもう少し都心寄りでの開催もいずれ考えていただけると嬉しいです。 自助会は自分の将来の姿のようで怖い。でも今日の会は痛いようでやって行こうかと思う気持ちになった。 苦しんでいる人が前向きに明るく生きるために社会がもっと理解して助けてあげるような方向になっていってほしいと思います。 夫、長男(小1、現在不登校)が ASD ではないかと思います。子供は受診予定。子供にはどう話したらいいのかわからず困っています。夫には話ができません。
本日は貴重な話をありがとうございました。今日学んだことは、お守りになりました。・色々なお話を伺えて、いい刺激を受けられました。それぞれの本を読ませていただき、自らも動いていこうと思います。・大変内容の濃いトークセッションでした!!カサンドラは病みやすいので(心も身体も)今日の会でだいぶすくわれました。冠地さんの感情にふたをしないという言葉も印象にのこりました。私はアスペルガーの家族を嫌いになってはならないと思いこんで、苦しくて大病をしたときに、それに気づき、罪悪感でいっぱいに自分を追いこみ病気を作ってしまったことがはっきりとわかりました。無意識の感情をおさえ込むのは本当によくないですね。・全体を通しては概ね良い内容でしたが、一部理想論すぎと思いました。3人のカ ウンセラーを見つけるのに150人に会うのは無理と思います。3年かけたとしても週一ペース、、、無理ですね。・ケースbyケースで対策法はちがうと感じました。AS夫の金銭感覚、こだわりが、我が家だけでないと改めて思いました。理想論ではなかなか解決にはむすびつかないのが現実です。・もう少し会場からの質問に答える時間を設けるべきと思います・鈴木さんの著書、「されど、、」を読み、ご本人のお話を聞きたくて伺いました。とても良かったです。・色々な話が聞けました。しばらく考えないとまとまりませんので、じっくり考えます。難しかったです。またきたいです。異なる立場のお三方の話が聞ける機会はたいへん貴重です。ありがとうございます。立場によって少しずつ感じ方や重要視するものは変わってくるのですが、それをお互いに認め合い意見を出し合う(対立ではなく)社会のありかたになっていけば苦しみを一人で抱えずに皆が生きていけるのではないかと感じました。カンチさんのお話、面白い一方で抽象的な話が多くて少しわかりづらい所がありました(すみません!毒出し)。初めてすきまを埋めていただけて感謝します(SORAさんワークショップは今日で4回め)。夫が依存症で長く夫婦カンケーに悩んできましたが、最近夫がうつになって→それはアルコール依存からきているのでは?というところから入院になり→ADHDだったのかも!と本人が気づきAAに行くようになりここにくるまで20年かかりました💦その流れでカサンドラという言葉も最近知り、今ものすごい渦中にいるわけじゃないのですが他の方々のためにも何かできるかなーとか自分のこれまでの思いももっと深められたらとかいろいろ考えてます。パートナーシップの作り方の難しさを感じてしまいました。わが身に当てはめるには難しい、受け入れができない?で帰りますが、初めてのお話なのでまた聞きたいと思う・なぜ、ASDの人が攻撃するのかが垣間見れた・夫側からのカサンドラの対応・今日の会をゆっくり動画で見たい・カサンドラという枠を超えて自分が一体どう考え、どう生きていくかということについて考えさせられる会だった。発達障がいがなくても退化硬直はいつでも起こり始めると思いました。私自身にもはじまっているかも・夫婦関係を見直す、コミュニケーションをとることを続ける、あきらめちゃいけないことをあきらめないということが今は難しく、でも、今後少しずつ、自分が耐えられる程度から試みていきたいと思いました・盛りだくさんで、脳が疲れました。とても濃い時間でした。鈴木さんの体調が心配ですがよかったです・冠地さんのたくさんの名言が面白かったし、ハッとさせられた・鈴木さんの分析力はすごい・SORAさんのファシリテーションの上手さに感動しました・自分自身に当事者性を感じるので少し揺さぶられたけど大変ためになりました・今日は別居中の主人を思い切って誘いました。このセッションをきっかけに話をしてみます。とても素晴らしいセッションでした・また、このような他の方のお話や理解ができやすくなるチャンスがあったらうれしいです・知識面だけでなくコミュニティに参加する形でさらにパートナーとの関係をよくしていきたいと思いました・自分でカウンセリングを学び、パニック障害を治し、もう自己肯定感も上がり克服している。感情(悲しい)もないと思っていました。でも何度も涙があふれてきました。まだ悲しかったのかなと気づき良かったと思います・講師の組み合わせが最高だと思いました。特に鈴木さんの体験はネットで少し読ませて頂いてますがとても理解の助けになります。鈴木さんが「自分の攻撃性が大きかったので自分が変わることが大きかったが、逆のパターンでは難しい」というところはなるほどという感じ・ものに頼る、人に頼ることができるようになった・共依存でなければ僕たちはやっていけない・オープンダイアログという手法はどうなんでしょうか?日本ではまだ確立されていないようですが…・いろいろと大切なフレーズが次々と出てきて非常に濃い時間でした.SORAさん鈴木さん、自分軸がしっかりしているのがパートナーとうまくやっている理由なのだろうと思います。まずは自分をしっかり持つことを感じました・とても興味深いお話でした。もし次回があるようならば経済問題とか日常のコミュニケーションとかの個別の事柄に焦点を当てたお話を伺いたいです・夫がアスペルガーのカサンドラです。ACの傾向もあり現在うつ病です。自分の能力(記憶力、未来を想像する能力、感情制御、感覚過敏)など下がってしまい,ASDの夫の感覚に似ている状態に。鈴木さんのお話、大変共感できました・素晴らしい会でした。お三方のそれぞれの実体験からくる気づき、自分の中でも引っかかるところがたくさんあり、もっとお話が伺いたかったです・悩んでいる中,ASDかもとわかり、それだけでもとても楽になって、今日参加できとてもよかったので、これからまた、アスペルガーアラウンドにお世話になりたいです・地元横須賀でもセミナーがあるといいなと思いました・夫のASDについては知り合いにも誰にも話せませんが自助会などに参加して気持ちを開放出来たらと思いました・鈴木さんの話を聞いて本日強引にでも夫を連れてくればよかったと思いました・鈴木さんへの妻に求めすぎない姿勢、あきらめてる姿勢は少し違うと思いました。期待しないとあきらめるは違います。ボーダーラインを超えない範囲であきらめずにお互い折り合いをつけて試していくことが大事なのだと思います・認知症の祖母との二人暮らしで、鈴木氏の「これくらいできてほしい」という相手への欲求というものがあるので、なぜこうしてくれないという気持ちのところは共感した・
人それぞれの関係性というものもあり。目の前にある問題をどう受け止めるか、専門家とつながるか、前向きに考えていこうと思った。大変な人生を送ってこられ、聴衆の為に経験を話して頂き、とても感謝。これからの生活にとても役立つ部分が沢山あった。別れるか、一緒に居るか、とても悩む。自分が元気でないとやっていけない。ボーダーラインや依存の話が身にしみた。話し合えないことは問題だが、言葉以外、他の事柄でコミュニケーションがとれる方法がないかと考える。機嫌よく暮らしていきたいだけなのに、毎日、不機嫌で限界を感じる。ASDに限らず、人と、関わるのが煩わしい。自分肯定も、他者肯定も不足していると感じる。今回の話が心に残り、熟成して自分に変化が起きるといいなぁと思う。感情は人間の人間らしさなのに、それが自分を、苦しめる。それぞれの当事者の方々から話が聞けて良かった。かなり疲れたが濃い時間でした。毒を吐きます→障害者当事者も高次脳の夫に対して、ズルい!人として信じられない。許せない気持ちは拭えない。質問紙のおおさから、セルフヘルプの方々の意識の高さ(困り感の強さ)を感じた。一般の講演会よりも活気にあふれ、分かりやすく、お土産になる知恵も多く、来場した価値があった。内容が濃くて気付きがたくさんあった。自分の理解が付いて行けなかったのが残念だったが、来て良かった。サードプレイスの活用法。対策を相談できるよう、明確な目的を見出すくらいまで考えをまとめられるのがベスト。 「鈴木さん」原稿なしでの話、世の中の大半の人より、よっぽど上手です。すごく分かりやすかったし、声もステキです。どんどん声を出して下さい。聞いている方はとても心地よいです。「冠地さん」本当に勇敢ですね。もっと質疑応答が聞きたかった


スクリーンショット 2019-06-11 9.15.01



スクリーンショット 2019-06-11 9.21.57スクリーンショット 2019-06-11 9.23.53