アスペルガー・アラウンドのスタッフとして、カサンドラ支援のために
ともに活動しませんか?

アスペルガー・アラウンドのスタッフさんの多くは、カサンドラ当事者の方です。
カサンドラさんは、誰かのために頑張るのが、大好き。
でも、自分のために、頑張るのは苦手な人達のようです。
自分を大切にしながら、他者も大切にすることができた時に、
はじめて、セルフヘルプの力は発揮されます。

スタッフになって、同じ想いを持った仲間たちと正しい他者との関係を
築きながら、自分を取り戻していきましょう。

目的を持って、スタッフを希望される方のために7月21日(日)にスタッフ研修会をスタッフ研修会
企画しました。

今回に限り、このスタッフ研修会を公開研修会とし、
講師に加藤先生をお招きして実施します。

これ以降は、DVD視聴によるe―ラーニングになりますので、
最初で最後の公開スタッフ研修会に是非、お時間を合わせていらしてください。



加藤先生プロフィール

うつ病,統合失調症の診断を経て,双極性障がいと診断されるまでに13年を要した。その後,障がいと上手につき合いながらリカバリーの道を歩んでいる。

2014年にピアサポートグループ在(ざい)を仲間と共に立ち上げ,ピアサポート活動を開始。現在はピアサポート活動と並行して,生活支援センター西(横浜市)にてピアスタッフとして働いている。また,複数の事業所に依頼され,ピアミーティングやWRAPのプログラムを担当する。自身の経験に基づく講演や執筆も積極的に行っている。

著書 双極性障がい(躁うつ病)と共に生きる-病と上手につき合い幸せで楽しい人生をおくるコツ,星和書店,2016