CADD(カサンドラ)脱出プログラム二期2回を開催しました。

特性理解をテーマに三人のアスペルガーの方を講師に
お招きしました。

理解の足らない状態のカサンドラ参加者のために、協力してくださって、
辛辣な質問に、ユーモアを交えて、応じてくださった講師の皆さんに
深く感謝申し上げます。


アンケート結果 18枚/18名
<20代0名・30代0名・40代6名・50代9名・60代2名>      

                                           

1.本日の感想 

①残念ながら、期待はずれ(0)
②まあまあ、参加してよかった(2)
③きてよかったと思った。(16) 

2.どんな点が印象に残ったか。

①怒りのじょうご(5)
②感情と認知(3)
③ABC こころの法則(4) 
④講師の方の自己紹介(14)
⑤グループ座談会と事例共有(17)
⑥行動を変えるトレーニング(10)
その他
講師それぞれのお考えや特性など直に聞くことができて良かったです。
アスペ力を身に着ける考え方のきっかけになりました。

3.その他、お気づきの点、ご感想など

・途中、バシバシ写真をおとりになっていましたが、ちょっと気になりました。自分の顔が
入っているのでは…WEBにアップされるのかな…など、少し不安になりました。
(ご説明が足りずに申し訳ありませんでした。撮影は、講師のみ撮らせていただいております。
参加者は、WEBその他、載せません。過去の報告をご参考にされてください)
・具体的な話をきけて夫は障害者なんだなと再認識しました。
思ったより物の認知や想像力がひどくないことがわかりました。
・ようやく分かった!全てではありませんが!
・今回も、自分が進んでいくべき方向を示してもらったように感じた。
少しずつでもできるものからやってみたいと思った。
・現役ASDの方のお話ということで、1日通しで出席する自信がなかったけれど、終わってみると、
ASDの(時には引いてしまう)特性が、人間の根本の神秘なものに見えてきて、
とても穏やかな気持ちにさえ、なりました。帰って、夫に愛しているよ~と言ってみよう(笑)
・とても楽しかった。でも、言葉のカベが無くなった一時でした。
アスペさんとの対応法を具体的に教わりました。
・講師の方のお話と質問ができたことが特に良かったです。
・一年待ってついに夫を同行できて一歩というより二十歩前進できた感じです。
ありがとうございました。(感謝)
・ワークや説明の言葉の定義がわからず、とまどうことが何回かあった。
(はじめに)ルールの意味がわかっているかの確認があると安心できると思う。
(途中でも)しゃべりば2回だと未だ言葉になじみがないのかなあと少し不安になった。
テンポが早く感じることがある。
・やっぱりASDは手強い相手です。
・発達の方のご自身の言葉が、何より興味深かったです。
具体的に伝えるということがわかっていても、できていなかったのだとよくわかりました。
・アスペルガーの人もいろいろなタイプがあることを講師の方とのお話の中で、実感しました。
いろいろお話を伺えて、ありがとうございました。
・当事者の方のお話がきけてありがたかったです。ありがとうございました。
・トラウマ治療を是非やっていただきたいです。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村