CADD(カサンドラ)脱出プログラム二期が、スタートしました。

1回は、自分に向き合わなくてはならないという厳しさが、
あるセッションでした。

今回は、講師の杉山先生の「笑顔がモットー」というお人柄だからこその
優しさにも満ちあふれたセッションで終わることができました。

たくさん笑って、たくさん泣いて、ここでしか得られない時間を
お過ごしいただけたと思います。

ご感想をお読みください。
オキシトシンをたっぷり、分泌して終了しました。

CADD脱出プログラムは、2回、3回の各回が若干、空席がございます。
特に2回は、発達障害、または発達障害傾向を感じているパートナーと安心して
参加していただける回となっています。

カサンドラと発達障害の方がご一緒に参加できる会は、大変希少です。

お申込みをお待ちしています。

アンケート結果 14枚/14名
<20代0名・30代2名・40代4名・50代8名・60代2名>       杉山先生
CADD二期3 (2)
                                           

1.本日の感想 

①残念ながら、期待はずれ(0)
②まあまあ、参加してよかった(0)
③きてよかったと思った。(14) 

2.どんな点が印象に残ったか。

①できる山・わかる山(5)
②自分を知る(10)
③解決志向で考える(12) 
④これからの私(10)
⑤ハグの実習(11)
⑥その他
・杉山先生のお人柄
・先生のご体験事例
・少人数のワーク(ワークにきちんと進行があったので、スムーズに進められた点)

3.その他、お気づきの点、ご感想など

・なぜ、よりも解決志向は、今まさに必要でした。たくさんの似た悩みをかかえる仲間との出会えてよかったです。自信がもてました。いただいた一言、一言を大事にしようと思います。
・まだ、自分のかかえている問題が整理されていない理解できていない部分がかなりあると感じています。
・やはり、自分が体験したことを踏まえ、レクチャーされると共感、理解が増すと思いました。実践的な内容だと思う。
・説明に抽象的な言葉が多く、途中で早く体験したいと感じた。ワークシートが揃っていたら尚良かった。自宅に戻った時に思い出せるようなツールや、継続するためのヒントがあればいいと思った。
・今日は自分が好きになりました。イイところがあるんだ!と、びっくりしました。感謝します。
・1日の中で沢山の感謝、それによる身体の変化を感じました。今の自分の位置を知る、いい機会となりました。

CADD二期1回2








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村