初の午前、午後に渡った「ようこそ先輩、カサンドラ」でしたが、
誰も孤立しない社会に向けてーという副題にふさわしい一日になりました。

真行先生、滝口先生、本当にありがとうございました。
201705ようこそ先輩


アンケート結果32枚/43人参加  
<20代2名・30代1名・40代9名・50代16名・60代2名未記入3名>

1.本日の感想

①残念ながら、期待はずれ(0)
②まあまあ、参加してよかった(4)
③来てよかったと思った。( 27)


2.どんな点が良かったか?

①真行結子先生のご講演
・本当に心にしみました。つらいお話もたくさんしていただき、ありがとうございました。
・共感できたこと。夫に悪意がないことに気が付けたことが良かったです
・私の夫も同じアスペルガー受容型なので、共感してもらえて涙が止まりませんでした。夫の気付かなさ(安全面や子供の怪我などとっさの行動)に困っていますが、彼の思考がわかり、少し謎がとけそうな予感です。
・先生の体験談を聞けたこと。子供への接し方のヒント
・自分自身とつながる
・赤裸々な体験、真実の物語に感動です。自分に通ずるお話でした。また、数々の示唆を受けました。
・分かち合う人を見つけたいと思えるまでがつらかった。個々でいろいろなタイプの障害があり、分かち合る人と会えるのは嬉しいことだと思いました。
・暖かくやわらかな語り口でたくさんの励ましが頂けました。・このような辛い体験、さみしい思いをしているのは自分だけではないということ。
一緒に暮らさないという選択をすることによって、心の平穏を得る方法もあること・ご自分の体験を赤裸々に語っていただき、最後に元のご主人の歩く姿も受け入れられた
というところに感動しました。でも私の場合、なかなかそのレベルまで行けないように
思いました。・真行さんのお話が自分に当てはまり、すごく良かった。たくさんのキーワードがありました。
個別でお話ししたいです。・自分が変わっていかれる過程が感動的でした。最後は、本当に大きな愛を感じました。
・とてもよかったです。先生のお人柄がにじみでる講演会。本当に良かった。ありがとうございました。
・声がすてきでいやされました。
・ご自身の今までの経験をありがとうございました。
・ご自身のことを話して頂いたことに感謝したいです。
・涙が出ました。命をかけて真実を求めてこられた姿にうたれました。
・悟りを開くような境地まで行かれてしまったという気がした。そこまでいかないといけないのかな。
・深い大事にしているところもたくさん話してくれました。感謝です。
・とても心に染み入りました。「とらわれからの開放」「自分自身とつながること」を意識して以降と思います。
・カサンドラ当事者の話で共感が持てた
・実体験に基づいたおはなしだったので、とても参考になりました。
・自分を変えるということ、やるか、やらないか。私が幸せになること自分の今、位置を気づくことができました。
・ご自身の体験談を聞かせていただいて、大変良かったです。
・ご自身の体験談を話され、共感できました。自分を大切に!これは分かっていますが、心に留めて行きたいと思います。
・ご自分の経験を語って下さったことが、何よりも心に響いた。共感から得られたものは大きい。
・自分と重ねて聞かせていただきました。カウンセリングも受けようと思っていたところなので、心理の先生に自分が悪いといわれそうで怖いです。
・私はアスペルガーの気持ちも分かるので、暴力の話はいやでした。

ようこそ先輩3

   
②トークセッション

滝口先生とのセッション、子どもさんをもつ方の話が有意義でした。
夫に教室の存在を知らせ、参加できる日が来るよう願うものです。
”不自然な環境”この一言の共有が言葉少なくとも、分かち合えたと思えたことが、いやしにつながったと思いました。
それぞれの先生の本音の部分も垣間見え、激しく伺うことができました。
ニューロティピカルという視点をもって、世の中を眺めてみると、どちらが優れていると言いうものではないということ。
少し質問と答えのズレがあった気がします
発達障害の方の行動や考え方が事例の中でわかりやすかった。なるほどと思うところがありました。
よかったです。
色々な人がいて、聞いているだけで安心感がありました。
ぜひぜひ、このような企画を、またお願いします。発達の人たちの見方を少し垣間見れて良かったです
小さな質問にも答えてくださりありがとうございました。
SORA先生の仕切りはとてもわかりやすく、声もはっきりしていてリズムが出て楽しかった。
発達障害側の方のお話も聞けたので、これから活かしていきたいです。
療育という力によってものよりも、体験が大切なんですね。するどいお話が聞けてよかった。
発達の人の側からの目線でのお話が聞けてよかったです。
家庭という環境の中で繰り広げられる「経験」を互いに学んでいこうと思いました。
発達側からの考え方が興味深かったです。
カサンドラの観点からみてもう少しお話をいただけたら、ありがたかったです。
当事者の視点が、知れて興味深かったです。
まだ人前で話せるほど落ち着いておりません。話し始めると涙が先に出てきてしまってうまく伝えられませんでした。
滝口先生のお話で気付きがあった。


③グループ別交流会

もっとお一人お一人と体験を語り合いたいと思いました。伝えたいこと、伝えて欲しいこと!すばらしい機会になりました。
滝口先生の「親の会」から「当事者会」へのお話は印象に残りました
具体的な当事者の方のお話が聞けて参考になりました。
いろいろな事情を伺い、参考になりました。
色々な人がいて、聞いているだけで安心感がありました。
皆さんの困りゴト、共感ができてまた元気をもらえました
個々の悩み事にふれられたことで参加した実感が持てました。
横のつながりもできて楽しかったです。
滝口さんのお話(グループにいらっしゃった時)がとてもためになりましたが、少し愕然としました。
ざっくばらんに活かせてよかったです。
具体的に質問もできた。
人の話も参考になりました。
直接お聞きしたいことが聞くことができました。
書けませんが、何かを得られました。
自分も辛いが、他の方はさらにお辛い日々を送られているのを聞いて複雑な気持ちになりましたが、いろいろなケースを聞くことも自分の気持ちを整理できるきっかけになるのかなと感じた。
皆さんおやさしい
ものすごく、傷ついている方がいらしてびっくりした。
 
3.その他

ずっと苦しく、ずっと自分を責めていましたが、夫はやはり変だったとスッキリしました。
私は怒りとともにさびしさで満杯だったことがわかりました。怒りしかみえていなかったので、発見でした。
可能な限り学びたいと思います。カサンドラに気づくのが今少し早ければ、と。
これからは自分自身が発信者になっていきたいという思いです。よろしくお願いいたします。
ADHDの話も、勉強会的な講演も聞きたいです。こちら側が望む自覚には、至っていません。
まだまだ別世界の家族です。
座談会では、どうしても発言に偏りが出てしまいがちで、タイムキーパーが必要だったかと思いました
真行先生の元ご主人も「受動型」とおっしゃられていて、アスペルガーの方には受動型が多いのかと思いますが、そうでないタイプ、例えばうちの夫のように攻撃的なタイプもいると思います。このタイプは、心が通わないどころか危険で、ともに暮らすのは非常に困難だと思います。その結果、うちは別居です。
主人が、アスペルガーなのか、性格の片寄りなのかわかりませんが、対応の工夫により、改善できるかもしれないと思いました。
SORAさん、アスペルガーアラウンドの活動、いつもお疲れ様です。
こちらに来られていろいろ知ることができることに感謝しています。スタッフの皆様もありがとうございます。
アスペルガーの人の暴力性を知ってる以上、カサンドラは被害者モードな人がおおいと指摘を受けましたが、やはり、被害は受けています。自分のやりかたにこだわるあまり、人の気持ちはどうでも良いというのはやはりどうかと思います。
私は午前・午後の講座だと時間がゆっくり流れる感じでとても充実感があります。
1・2・3月のカサンドラ脱出プログラムもそうだといいなあと思っています。
もう少ししたら、しゃべりば・レッツ55オーバーに参加できます。楽しみです。
読書会がイベントに入っていないので、またやって下さい。
自分に理想をあきらめることが第一歩なのかな・・・と思いました。
グループ交流はそれぞれの個別相談のようでした。
質問者以外はだれも何も言えなかったように感じました。ここに来ると元気をもらえて、頑張ろうと思えるので、ありがたいです。
交流会について、進行役がいないので、話が固まったのが残念。自己紹介でしか話せていない方もいた。
内容のことではないので申し訳ないのですが、マイクを持っているときの加減なのでしょうか。
ボツボツとした雑音がとても気になってしまいました。