4第5回CADD(カサンドラ)脱出プログラム第5回、楽しく終了しました。
今回は、TAMA女性センタ―登録団体としての初イベント、
TAMA女性センター係長のご挨拶も頂戴いたしました。

未来の自分をしっかり見つけて、脱出いただけたことを
祈りながら、
第一弾CADD脱出プログラム全回の幕を閉じました。
全回参加いただいた方には、修了証を7名の方に授与させていただきました。
こちらの不手際で、受講カードをお返しするのを
忘れてしまいました。

思い出のあるカードと思います。アスペルガー・アラウンドにいらっしゃった時に
お声をかけてくださいませ。受付で保管しております。
6第5回2


ご感想をお読みください。

アンケート結果 
21枚<20代0名・30代1名・40代8名・50代10名・60代2名>  
 
1.本日、参加されてのご感想で、適当なものがありましたら、〇をしてください。   
①大変悪い(0)
②残念ながら、期待はずれ(0)
③まあまあ、参加してよかった(0)

④来て良かった。(21) 


2.どんな点が印象に残っていますか?ご感想など。

- カードを使うところがわかり易かったです。(犬の表情とかイメージ画とか)
- 鬱の治療が元になっていると伺いましたが、鬱が続いている私にとって、
 前回までのトレーニング的内容は場合によっては重荷になっていましたが、
 今回は本当に受けて、心が軽くなり希望が持てました。ありがとうございました。
- 自分の思考の癖を知り、強みを知った。
- 感謝の日記を書くことができたら、些細なことを大事にできる人生を送れると思います。
- 無駄な経験は、一つもないと思えました。
- 犬を飼っているという考え方、とてもいいと思います。受け入れやすいです。
- 自分の強みを考えることがなかったので、いろいろなワードを見て、考えることができ、楽しかった。
- カサンドラの方と出会えてよかったです。次にお会いできる機会も楽しみです。今日も支えて頂きました。
- 心の中の犬と出会い、自分の強みを見つける・・・初めての体験でした。
- 最高の将来の自分の想像は、とても楽しかったです。本当に楽しかった。
- すべての回をまだ終了していませんが、アサーティブ・レジリエンストレーニングは、初めてでした。
 とても興味を持てました。また、アスペの法的手段は、なかなか理解されなかったところ、
 とても参考になりまし た。こういった場を設けて頂けるSORAさんに感謝です。ありがとうございます。
- ネガティブ感情は、性格ではなく癖だというお話に、はっとさせられました。
- 時々資料を読み返して、ポジティブシンキングを目指したいと思います。
- 共感や共有の大切さ。梶原先生がとてもわかりやすい説明をされていて、レジリエンストレーニングを、
 今後も取り入れながら、生活していきます。
- ネガティブ犬と強み3つによって、自己認識も深まったし、今後困難なことが起きた時、生かせると思った。
- グループごとのデイスカッションはなかなか難しいな、思いました
-  ポジティブな捉え方を心がけたいと思いました。それだけで世界が変わると感じました。
 自分にも「強み」があることを知ったので、心が明るくなりました。
- とても練られたプログラムだと思った。この価格でこの内容に感謝します。
- 視点を変えてプラスに目を向けるようにすることで、ポジティブに変わること
- 全く初めてのワークでした。とてもわかりやすく、体験型ワークショップで良かったです。
 知った、で終わるとかではなく、行動し日常にプラスの思考として実行できるようにしていきたいと思いました。
- 自分の強みなど考えたこともなかったけど、私にもあるんだと思いました。
 3つの良いことも考えるとたくさん出て来てビックリでした。
 視点を変える大事さに気付けて良かったです。ありがとうございました。
- ネガティヴ感情は性質でなく犬。
- 感謝日記を書いていきたいと思います。
- ポジティブな気持ちに持っていける方法まで教えていただけて大変良かったです。
- 印象に残ったのは自分の飼っている犬の話とカード、10年後の自分。

3.継続して、あるいは新しく実施するのが望ましいと思われる3つの内容。

障害特性の理解 (2) ・発達障害の方との座談会 (4) ・障害特性の対応 (7)
ACについて (8) ・解決志向 (5) ・応用行動分析療法 (3) ・法的手段の知識 (2)
アサーティブトレーニング (7) ・クリエイティブ・セラピー(1)
レジリエンストレーニング (9)
プログラム終了後のブラッシュアップ(おさらい、さらに深める)セミナー (9)
その他 (オプションのAC / AS本人のトレーニング)

証書授与5回


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村