「カサンドラのその先」に向かうために、まずは、立ち向える自分をつくるために
自分を先に満たしましょう。 

7月3日実施の臨床美術ワークショップは、おかげさまで、満員御礼と
なりました。

臨床美術は継続して、受講することで、自己肯定感がより、高まっていきます。
認知症の回復プログラムとして、医療と芸術と心理という三分野の専門家の出会いから、 
生まれたのが、臨床美術です。
そのアートプログラムは、資格を有している臨床美術士により実施され、
現在は、社会人のメンタルヘルスケアや教育現場などで、広く取り入れられています。

アスペルガー・アラウンドでは、臨床美術士による
カサンドラのためのクリニカルアート連続講座
「ガーベラ・アート」を10月からスタートします。

5人までの少人数のグループセッションになります。

お申し込みの詳細は、HPでお知らせいたします。
ご期待くださいませ。

尚、HPのお知らせを先に受け取りたい方は、
是非、メルマガにご登録くださいませ。
http://www.reservestock.jp/subscribe/54444 メルマガ登録