診断済みで、ご自分の特性を説明できるASD当事者の男性を
お招きしての座談会です。今年で三回目になります。

アスペルガー・アラウンドに参加する方のパートナーは、
8割が未診断で、社会生活では困っていない方達です。

「自分は、カサンドラかもしれない」と思ったとしても、パートナーに
相談することができません。
また、会話が成立しにくいパートナーもいることでしょう。

カサンドラを脱出するための通過点として、《相手理解》があります。
ASDの特性を理解することで、不可解で、苦しかった出来事が、
腑に落ちて楽になることもあります。
一歩前進してみようと思われた方は、是非、いらしてください。

また、ご夫婦参加も、大歓迎です。
ASDの方が、肩身が狭くなるような内容では、ありませんので、
より良い関係を探るためにも、是非、ご夫婦ご一緒にいらしてください。

ご協力いただくのは、以下のお二人です。

永幸 利善美(えいこう りぜんび)さん
1963年生まれ。
妻と息子2人の4人家族。 営業職の会社員。

コーヤさん
1956年生まれ。
妻、息子、娘の4人家族。自営業、現在主夫。

イベント《夫と座談会》

日時       :4月10日(日)  13:15~受付  13:30~開始  16:30終了

内容       : ワークショップ   「夫と座談会」

参加費    : 1500円    (パートナーと参加される場合は、ペアで2000円)
   
場所   :多摩市立関戸公民館 
                第3学習室
                 最寄り駅:京王線聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分        

定員       :20名程度

※終了後にゲスト、SORA同席有志アフターカフェ17:00〜19:00あり。
 (当日申し込み可)

今回のイベントは、ステージ2になります。
協力下さるAS当事者の方は、定型の方とのコミュニケーションにも
長けている方達ですが、AS特性を知るためのワークショップですので、
必ずしも、
カサンドラの方のお気持ちに寄り添う進行にはならないことをご承知ください。

自助会等に初参加で、愛情剥奪状態が激しく気持ちを汲んでもらえない言葉は、
受け取れないという方は、「しゃべりば」からの参加をおすすめします。


お申し込みは、
HPメニューバーお問い合せ・お申込み
からお願いします。
[内容]に、 《4月10日夫と座談会》とお書きください。
受付完了の連絡が来ないときは、再度、ご連絡ください。
その場合は、SMSでご連絡させていただく場合が、あります。

事前にご質問を募集いたします。

ご質問を[内容]に是非、お書き下さい。
インタビューで活用させていただきます。