アスペルガー・アラウンドに参加できる方は、発達障害、
またその傾向がある方と関わっている方です。

アスペルガー・アラウンドの情報交換会は、
異性との交際経験がある方に参加頂き、異性関係や家庭生活に
ついての課題を話し合っていきます。
CADD、AS、ADD、NT、男女問わず、支援される側も、支援者も、
誰でも参加できる会です。

今回は従来の女性CADDの方が、全体の9割を占める会になりましたが、
できる限り、多角的な視点を頂きたく、多方面からの参加を
お願いしたいと思っています。

ディスカッションも大いに歓迎と考えています。
SORAもこの会では、今後も、積極的に発言したいと思っています。 



アンケート結果  10枚/10名参加  
<20代0名・30代2名・40代2名・50代5名・60代1名>

ご感想

・気になったキーワード。地球の裏側の存在。気持ちや考えのゆれ、両方。その瞬間の選択⇒自分でする大切さ。カサンドラのみなさんの苦しさ、悲しみ、くやしさ。『感じる』ことを感じる様にする。
・『自分が幸せ』を基準に選択していって良いということを今まで考えたことがありませんでした。新鮮でした。
・SORAさんの話がきけてよかった。早く卒業したいと思いながら、やはりこの会にくると色々と得るものが多いし、生きているってことを実感できてよかったです。ここに来て、ぐずぐずした心をリセットしている感じです。
・参加された方のお話を聞く中で、自分の考え、して来たことの整理がついた様な感じがしました。
・結局自分が精神面で変わっていかなければならないのかなと思いました。でも相手の過去の子供に対する行動が許せない気持ちが消えない限り前向きになれないかなと個人的に思いました。
・愛の自家発電は、心がけようと思います。皆様の話をきくと、どなるASD夫へ、ASDのことを知らせる段階でつまづいている方がいらっしゃいました。もし、ノウハウがあれば、伝えてあげたかったです。
・共感しあえる人と話せたことは、初めてで、うれしかったです。自分だけでなかった、自分が悪かったのではなかったと思えたことが良かったです。ありがとうございました。
・話すって本当に大事。
・前回より、共有できた感があります。まとめて下さったからだと思います。

今後、期待するワークショップ等

・パートナーのタイプ別やパートナー対誰で困っているか(例えば、子供、義父母など)に分かれて情報交換会をすると共感しやすいかもしれません。
・セルフグループがあると参加したいです。
・一人の例、一つのことを深く掘り下げて、みんなの意見を聞いてみたいです。
・効果のある具体的な方法を知りたい。
・同世代(または同じ環境、子供が小学生、中高生、親もASDなど・・・)の方々に限定したプログラムもあるといいかもと感じました。
・発達障害者の方に定型のコミュニュケーションをわかってもらいたい(3)
・発達障害者の方の特性や状況を理解したい(5)
・定型パートナーを連れて参加したい(1)