たくさんの方から、イベントのお申し込みを頂いております。
心から、感謝いたします。

また、まだ、6月になったばかりですのに、8月のイベントが
定員になっていくことに、

30分で翌月の電話予約が締め切られるどこかの大学病院や、
空きが半年待ちのどこかのクリニックを思い出します。

すがりたい時に対応してもらえない時の寂寥感を知っている私としては、
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

先日のツナ先生を招いてのワークショップは、
無償奉仕のお二人のファシリテーターがいらっしゃらなくては、
成立しませんでした。

組織化の必要性を強く感じます。
アスペルガー・アラウンドの組織化のお手伝いいただける方、急募です。