アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

代表SORAの夫との生活や日々、思うことは、《夫ネタ★脱却!カサンドラ》
http://blog.livedoor.jp/khan2013214-otto/ をお読みください。

2017年07月

カサンドラのためのASD勉強会 初級

通常の発達障害理解の講座は、発達障害当事者や支援者を対象に
したものです。
カサンドラの方の立場に立った内容でないために、
ASDのために支援するべきことばかり、一方的に押し付けられたように
感じられてさらに、カサンドラは、苦しくなることもあるようです。

アスペルガー・アラウンドのこの講座で、カサンドラの立場から、
振り回されている特性を理解し、対応を知りましょう。

最近、発達障害を知った、自分がカサンドラかもしれないと思いあたった、
関連書籍を読んだけれども、腑に落ちない、
医療機関にかかることが良いのか、判断できないなど。

カサンドラかな?と思った時に最初に浮かぶ疑問の数々を
紐解きます。

カサンドラ脱出のためには、ASDの理解と対応を知ることが不可欠です。

この講座は、
CADD脱出プログラム《二期》の
参加条件の講座です。
CADD脱出プログラムに参加されない方も、
受講できます。

講師        : アスペルガー・アラウンド代表SORA      
   
参加対象  : パートナーの障害や特性を理解していきたいと思える余裕がある方。
                   
                    パートナーの理解よりも、ご自身の辛さや状況を相談したい方は、
                    勉強会の前に、ステージ1(しゃべりば・読書会)から、参加されることを
                    おすすめします。

参加費   :1000円

定員         : 20名程度


9月30日(土) 9:15〜受付9:30開始12:00終了
                
場所  :東京ボランティア市民活動センター  会議室A

最寄り駅:飯田橋駅 徒歩2分

9/ 30カサンドラのためのASD勉強会の参加申し込みはこちら 

初めての方は、午後のしゃべりば東京に同時にお申し込みされることをおすすめします。
午前中に、吸収した内容の振り返りの時間にされてください。
 
10月3日(火)  18:15〜受付18:30開始〜20:45終了

場所         : 多摩市関戸公民館 第2学習室

最寄り駅  :京王線 聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分

10/3カサンドラのためのASD勉強会の参加申し込みはこちら

10月7日(土)  13:15〜受付 13:30開始〜16:00終了

場所        : 多摩市関戸公民館 第2学習室

最寄り駅 : 京王線 聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分  

10/7カサンドラのためのASD勉強会の参加申し込みはこちら



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村
           

CADD脱出プログラム【二期】申し込み開始します

CADD脱出プログラム

参加条件 :
1)しゃべりば参加または、カサンドラのお仲間と交流経験のあるカサンドラの方
2) ASD勉強会参加または、ASDという障害について基礎的知識をお持ちの方※
3) 3回参加できる方
4) 2回のみASDおよびASD傾向のあるパートナーとペア参加が可能です。

※2) については、以下のASD勉強会に参加予定の方まで、受付ます。
9/30 飯田橋ボランティアセンター9:30〜
10/3 多摩市関戸公民館18:30〜
10/7 多摩市関戸公民館13:30〜

http://asperger-around.blog.jp/archives/71937607.html

参加費: 3回セット 7,500円 
              締切後にキャンセルが出た場合、各回毎の参加を受付ます。
              キャンセルは、メルマガでお知らせいたします。
              一回毎は、3,000円になります。

場   所 : 各回 多摩市関戸公民館 大会議室 (京王線 聖蹟桜ヶ丘駅徒歩3分)

時   間 : 各回  9:30~受付10:00開始 16:00終了

内   容 : ワークショップ (参加型セッション)

定   員 :  24名(2回ペア参加のパートナーの人数は別枠)

各回のご案内 :
1回〈 自分と向き合い、戦略と戦術を知る〉9月17(日)
CADDは、孤独感と愛情剥奪状態を抱え、自己肯定感が下がっています。
仲間とともに、ありのままの自分と向き合い、CADDから抜け出すために
何ができるか考えながら、戦略と戦術を学んでもらいます。
講師:杉山修 & SORA
《杉山先生のご紹介》
2回〈 特性理解と対応〉10月9日(月・祝)
ASD当事者を招いて、カサンドラが腑に落ちない日常の差異について説明して
もらいます。グループ別に数人のASD当事者の方と交流します。
行動分析療法で自分を分析して、ASDと関わっていくための新たな観念の創出を
試みましょう。
講師 : SORA & ASD当事者の方 3人
3回〈 心を愛で満たし、未来の自分をステートメントする〉
11月3日(金・祝)
CADDの脱出には、自らを満たしながら、未来に向かっていけるパワーが必要です。
自分の強みを生かし、目標に向かって、一歩ずつ前進できる自分を見つけていきましょう。
講師 : SORA

CADD(カサンドラ)脱出プログラム 《二期》の参加申し込みはこちら

  

 
事前にお振込みをいただき、受付完了とします。
振込料は、ご負担いただいております。
一旦、お振込みいただいた参加費は、返金できません。
各回毎のお申し込みは、実施日近くに空席があった場合、受付いたします。
三期日程のお知らせは、10月頃になります。

*************
カサンドラ脱出プログラムに参加された方のための
内容をさらに深め、ご自身のものにして頂くための
「フォローアップセミナー」を11月〜実施いたします。
杉山修先生、柳下記子先生、梶原美保先生、他、これまで、
アスペルガー・アラウンドに協力してくださった先生方に
お願いする予定です。


しゃべりば東京 9月

しゃべりば東京 9月のお知らせです。

しゃべりばは、セルフヘルプ(自助)活動です。
参加頂くことで、自らの力で回復していくことができます。

進行は、カサンドラ体験のある
アスペルガー・アラウンドのスタッフが担当しております。

しゃべりば、多摩、東京とも進行スタイルは同じですので、
安心して、参加されてください。
  
しゃべりば東京
カサンドラの方の日常生活の問題、
困難など、それぞれの思い、なやみ、怒りなどをおしゃべりで解放します。
ここで、お仲間を見つけられて、正しく感情を表出することが、カサンドラの
回復には、とても効果があります。
カサンドラの方であれば、女性、男性は問いません。

日時      :9月30日(土)13:15~受付 13:30~開始 16:00終了
                   ※途中参加、途中退室の方は、ご連絡くださいませ。

参加対象 : 発達障害の方と関わってカサンドラ(かつてカサンドラ)状態を
                  自覚された方、 発達障害の方と関わってお困りの方。
                  女性、男性は問いません。
                  親子関係、職場関係など。婚姻前の方でもかまいません。
                  発達障害があり、かつカサンドラの方は、
                  自己紹介で障害についてカミングアウトして
                  頂くことを条件に参加頂いています。

内容        : 参加者相互の茶話会
                 ※ 4〜5人のグループに分かれて進行します。
                 
参加費  :600円

場所       :  東京ボランティア 市民活動センター 会議室A

最寄り駅   : 飯田橋駅 徒歩2分

定員       :20名程度

しゃべりば東京【ステージ1】の参加申し込みはこちら 

にほんブログ村
           

ようこそ先輩カサンドラの滝口先生のイベントのお知らせ

日野市を中心に発達障害の支援をしている滝口先生の
イベントのお知らせです。

先日の「ようこそ先輩カサンドラ」トークセッションでも
子どもの療育や子どもとお父さんの関係について、質問がありました。

発達障害を持つ方に必要なのは、日常的な数多くの体験。

滝口先生のいる場は、いつも、へだたりのない
暖かさと安心に満ちあふれています。

子どもと過ごす時間、発達障害の方と過ごす時間を
インクルーシブに作りだしてくれます。

まずは、自覚がない家族も誘い出して、触れ合うことから、
はじめませんか?

HINO飛ぶ教室の夏の親子参加イベントをこちらで
広報することをお許しいただきました。
メルマガでお知らせした夜の高尾山同様、お申し込みは、滝口先生に
直にお願いします。

■夜の高尾山 8/5 PM5:30高尾山口駅前集合
会費:¥1000、(小以下\500)ケーブル料金込み
「夜の高尾山」は、滝口先生が引率してくださるHINO飛ぶ教室の夏のイベントです。
ビアガーデンでにぎわう夏の高尾山ですが、ビアガーデンの横の展望台まで
真っ暗闇の山道(整備されています)をみんなで登っていくという体験ができます。
展望台からの夜景も絶景ですよ。
親子で、ご夫婦で、是非参加されてください。SORAも参加の予定です。

■ ブルーベリー狩り 8/8(火曜日)AM11 集合。
日野市神明日清園。会費:¥300(ブルーベリーは別\500~\1000)
HPのSORAのFacebookから、滝口先生・HINO飛ぶ教室を探していただいてもご覧になれます。

■大人の発達障害当事者会もよろしくお願いします。

ようこそ先輩、カサンドラご報告


初の午前、午後に渡った「ようこそ先輩、カサンドラ」でしたが、
誰も孤立しない社会に向けてーという副題にふさわしい一日になりました。

真行先生、滝口先生、本当にありがとうございました。
201705ようこそ先輩


アンケート結果32枚/43人参加  
<20代2名・30代1名・40代9名・50代16名・60代2名未記入3名>

1.本日の感想

①残念ながら、期待はずれ(0)
②まあまあ、参加してよかった(4)
③来てよかったと思った。( 27)


2.どんな点が良かったか?

①真行結子先生のご講演
・本当に心にしみました。つらいお話もたくさんしていただき、ありがとうございました。
・共感できたこと。夫に悪意がないことに気が付けたことが良かったです
・私の夫も同じアスペルガー受容型なので、共感してもらえて涙が止まりませんでした。夫の気付かなさ(安全面や子供の怪我などとっさの行動)に困っていますが、彼の思考がわかり、少し謎がとけそうな予感です。
・先生の体験談を聞けたこと。子供への接し方のヒント
・自分自身とつながる
・赤裸々な体験、真実の物語に感動です。自分に通ずるお話でした。また、数々の示唆を受けました。
・分かち合う人を見つけたいと思えるまでがつらかった。個々でいろいろなタイプの障害があり、分かち合る人と会えるのは嬉しいことだと思いました。
・暖かくやわらかな語り口でたくさんの励ましが頂けました。・このような辛い体験、さみしい思いをしているのは自分だけではないということ。
一緒に暮らさないという選択をすることによって、心の平穏を得る方法もあること・ご自分の体験を赤裸々に語っていただき、最後に元のご主人の歩く姿も受け入れられた
というところに感動しました。でも私の場合、なかなかそのレベルまで行けないように
思いました。・真行さんのお話が自分に当てはまり、すごく良かった。たくさんのキーワードがありました。
個別でお話ししたいです。・自分が変わっていかれる過程が感動的でした。最後は、本当に大きな愛を感じました。
・とてもよかったです。先生のお人柄がにじみでる講演会。本当に良かった。ありがとうございました。
・声がすてきでいやされました。
・ご自身の今までの経験をありがとうございました。
・ご自身のことを話して頂いたことに感謝したいです。
・涙が出ました。命をかけて真実を求めてこられた姿にうたれました。
・悟りを開くような境地まで行かれてしまったという気がした。そこまでいかないといけないのかな。
・深い大事にしているところもたくさん話してくれました。感謝です。
・とても心に染み入りました。「とらわれからの開放」「自分自身とつながること」を意識して以降と思います。
・カサンドラ当事者の話で共感が持てた
・実体験に基づいたおはなしだったので、とても参考になりました。
・自分を変えるということ、やるか、やらないか。私が幸せになること自分の今、位置を気づくことができました。
・ご自身の体験談を聞かせていただいて、大変良かったです。
・ご自身の体験談を話され、共感できました。自分を大切に!これは分かっていますが、心に留めて行きたいと思います。
・ご自分の経験を語って下さったことが、何よりも心に響いた。共感から得られたものは大きい。
・自分と重ねて聞かせていただきました。カウンセリングも受けようと思っていたところなので、心理の先生に自分が悪いといわれそうで怖いです。
・私はアスペルガーの気持ちも分かるので、暴力の話はいやでした。

ようこそ先輩3

   
②トークセッション

滝口先生とのセッション、子どもさんをもつ方の話が有意義でした。
夫に教室の存在を知らせ、参加できる日が来るよう願うものです。
”不自然な環境”この一言の共有が言葉少なくとも、分かち合えたと思えたことが、いやしにつながったと思いました。
それぞれの先生の本音の部分も垣間見え、激しく伺うことができました。
ニューロティピカルという視点をもって、世の中を眺めてみると、どちらが優れていると言いうものではないということ。
少し質問と答えのズレがあった気がします
発達障害の方の行動や考え方が事例の中でわかりやすかった。なるほどと思うところがありました。
よかったです。
色々な人がいて、聞いているだけで安心感がありました。
ぜひぜひ、このような企画を、またお願いします。発達の人たちの見方を少し垣間見れて良かったです
小さな質問にも答えてくださりありがとうございました。
SORA先生の仕切りはとてもわかりやすく、声もはっきりしていてリズムが出て楽しかった。
発達障害側の方のお話も聞けたので、これから活かしていきたいです。
療育という力によってものよりも、体験が大切なんですね。するどいお話が聞けてよかった。
発達の人の側からの目線でのお話が聞けてよかったです。
家庭という環境の中で繰り広げられる「経験」を互いに学んでいこうと思いました。
発達側からの考え方が興味深かったです。
カサンドラの観点からみてもう少しお話をいただけたら、ありがたかったです。
当事者の視点が、知れて興味深かったです。
まだ人前で話せるほど落ち着いておりません。話し始めると涙が先に出てきてしまってうまく伝えられませんでした。
滝口先生のお話で気付きがあった。


③グループ別交流会

もっとお一人お一人と体験を語り合いたいと思いました。伝えたいこと、伝えて欲しいこと!すばらしい機会になりました。
滝口先生の「親の会」から「当事者会」へのお話は印象に残りました
具体的な当事者の方のお話が聞けて参考になりました。
いろいろな事情を伺い、参考になりました。
色々な人がいて、聞いているだけで安心感がありました。
皆さんの困りゴト、共感ができてまた元気をもらえました
個々の悩み事にふれられたことで参加した実感が持てました。
横のつながりもできて楽しかったです。
滝口さんのお話(グループにいらっしゃった時)がとてもためになりましたが、少し愕然としました。
ざっくばらんに活かせてよかったです。
具体的に質問もできた。
人の話も参考になりました。
直接お聞きしたいことが聞くことができました。
書けませんが、何かを得られました。
自分も辛いが、他の方はさらにお辛い日々を送られているのを聞いて複雑な気持ちになりましたが、いろいろなケースを聞くことも自分の気持ちを整理できるきっかけになるのかなと感じた。
皆さんおやさしい
ものすごく、傷ついている方がいらしてびっくりした。
 
3.その他

ずっと苦しく、ずっと自分を責めていましたが、夫はやはり変だったとスッキリしました。
私は怒りとともにさびしさで満杯だったことがわかりました。怒りしかみえていなかったので、発見でした。
可能な限り学びたいと思います。カサンドラに気づくのが今少し早ければ、と。
これからは自分自身が発信者になっていきたいという思いです。よろしくお願いいたします。
ADHDの話も、勉強会的な講演も聞きたいです。こちら側が望む自覚には、至っていません。
まだまだ別世界の家族です。
座談会では、どうしても発言に偏りが出てしまいがちで、タイムキーパーが必要だったかと思いました
真行先生の元ご主人も「受動型」とおっしゃられていて、アスペルガーの方には受動型が多いのかと思いますが、そうでないタイプ、例えばうちの夫のように攻撃的なタイプもいると思います。このタイプは、心が通わないどころか危険で、ともに暮らすのは非常に困難だと思います。その結果、うちは別居です。
主人が、アスペルガーなのか、性格の片寄りなのかわかりませんが、対応の工夫により、改善できるかもしれないと思いました。
SORAさん、アスペルガーアラウンドの活動、いつもお疲れ様です。
こちらに来られていろいろ知ることができることに感謝しています。スタッフの皆様もありがとうございます。
アスペルガーの人の暴力性を知ってる以上、カサンドラは被害者モードな人がおおいと指摘を受けましたが、やはり、被害は受けています。自分のやりかたにこだわるあまり、人の気持ちはどうでも良いというのはやはりどうかと思います。
私は午前・午後の講座だと時間がゆっくり流れる感じでとても充実感があります。
1・2・3月のカサンドラ脱出プログラムもそうだといいなあと思っています。
もう少ししたら、しゃべりば・レッツ55オーバーに参加できます。楽しみです。
読書会がイベントに入っていないので、またやって下さい。
自分に理想をあきらめることが第一歩なのかな・・・と思いました。
グループ交流はそれぞれの個別相談のようでした。
質問者以外はだれも何も言えなかったように感じました。ここに来ると元気をもらえて、頑張ろうと思えるので、ありがたいです。
交流会について、進行役がいないので、話が固まったのが残念。自己紹介でしか話せていない方もいた。
内容のことではないので申し訳ないのですが、マイクを持っているときの加減なのでしょうか。
ボツボツとした雑音がとても気になってしまいました。

しゃべりば多摩 8月

同じ思い、経験をしている仲間とつながることが
カサンドラの回復にとても効果があると言われています。
これは、どんなに優秀な専門家にもできないことです。

同じ仲間が互いの力で回復していくことを、
セルフヘルプと呼びます。

アスペルガー・アラウンドのしゃべりばは、カサンドラ体験を
もつ仲間が担当しています。

しゃべりば多摩

ASまたは、AS傾向のあるパートナーとの日常生活の問題、困難など、
それぞれの思い、なやみ、怒りなどをおしゃべりして、分かち合います。


日時        : 8月26日(土)    9:15~受付 9:30~開始 12:00終了
                 途中からの参加、退室も、お申込みの際、ご連絡いただければ、かまいません。

参加対象 : 発達障害の方と関わってカサンドラ(かつてカサンドラ)状態を
                 自覚された方、 発達障害の方と関わってお困りの方。
                 女性、男性は問いません。
                 親子関係、職場関係など。婚姻前の方でもかまいません。
                 発達障害があり、かつカサンドラの方は、
                 自己紹介で障害についてカミングアウトして
                 頂くことを条件に参加頂いています。

内容        : 参加者相互の茶話会
                 ※ 3〜4人のグループに分かれて進行します。
       ※各自お飲み物をお持ちください。

参加費   :600円

場所     :多摩市立 関戸公民館 第1学習室

最寄り駅 :京王線聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分

定員        :15名程度

しゃべりば多摩 【ステージ1】の参加申し込みはこちら

午後の臨床美術ワークショップに参加される方は、
有志ランチ会でご一緒しましょう(SORA)
午後のワークショップに参加される方のみのランチ会です。


脳いきいき、心ワクワク 臨床美術ワークショップ

カサンドラ状態を抜け出すコツは、状況が変わらずとも、
先に自分自身を満たすことです。

誰でもできるアートプログラムを楽しみながら、
自分を取り戻す時間を過ごしましょう。
同じ思いの仲間と交流し、
心を開放するひと時をご一緒しましょう。

お一人での参加は、もちろんのこと、親子ご一緒の
参加もお待ちしています。
ワークショップに参加されるお子様のお相手は、
臨床美術士がつとめさせていただきます。
沢山の方のご参加をお待ちしております。

8月臨床美術 ワークショップ  

日時      :8月26日(日)
      13:15〜受付  13:30開始 15:30  終了
                ※午前中のしゃべりば多摩から、参加されている方も
                  いるので、SORAの有志ランチ会を実施します。
                  事前にお申し込みください。
                                                          
内容      :アートプログラム
        「色々うずまき」

     ボールペンと色鉛筆を使うプログラムです。

実施者 :SORA&臨床美術士

参加費 : 大人          2500円

     お子様  1500円
   (色々うずまきは、小学生以上。小学生以下のお子様には別のプログラムをご用意いたします)
     
参加対象: 発達障害と関わっている方であれば、どなたでも参加頂けます。
                    
定員      :15名程度

   
場所  :多摩市関戸公民館 第一学習室
              最寄り駅  京王線聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分   

image

image


臨床美術とは──独自のアートプログラムに沿って創作活動を行うことにより脳が活性化し、認知症の症状が改善されることを目的として開発された。先進国では例を見ない医療・美術・福祉の壁を超えたアプローチが特徴。臨床美術士が一人ひとりの参加者に沿った働きかけをすることでその人の意欲と潜在能力を引き出していく。現在では多方面で取り入れられ、子供から社会人、高齢者まで健康で感性豊かな社会の創出を目的としている。臨床美術のアートプログラムは美術に苦手意識を持つ人でも自然と楽しめ、その人ならではの表現ができるよう、多くの工夫がされている。自己を解放して制作する過程や作品が周囲に受け入れられることで自信を回復し、積極性が生まれてくると言われる。


午前中のしゃべりばから参加の方は、有志ランチ会で
ご一緒しましょう。(SORA) 
                                                                                                                                       
親子で参加される方は、 ご一緒に制作されるお子様の年齢もお書き下さい。
脳いきいき心わくわく 臨床美術 ワークショップの参加申し込みはこちら

しゃべりばをやりたい方、お手伝いしたい方

しゃべりばスタッフ募集

ヘルパー・セラピー原則
他者を援助することで、(結果的に)援助する人が利益を受けることがあります。
援助の受け手だった人が、援助の与え手になる経験は、新しい経験を獲得し、
それがその人の自信となり成長することにつながります。
しゃべりばでは、このヘルパー・セラピー原則を生かして、
参加者が、スタッフになって、さらに回復していくことをめざしています。

一年に一回の担当でも、構いません。

関心を持ってくださった方のために、しゃべりば研修会を
実施いたします。
しゃべりばをやってみようと思われた方、やりたいけど、もう少し、
詳しく知りたい、教わりたいという方は、是非、参加されてください。
対象は、アスペルガー・アラウンドのしゃべりばに参加経験がある方です。

しゃべりば研修会の参加については、お問い合わせからお申し込み下さい。

しゃべりば研修会

8月13日13時半~15時半  
場所 東京ボランティア市民活動センター 会議室C



  • ライブドアブログ