アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

代表SORAの夫との生活や日々、思うことは、《夫ネタ★脱却!カサンドラ》
http://blog.livedoor.jp/khan2013214-otto/ をお読みください。

2017年01月

Be!「季刊ビィ」125  

image「季刊ビィ」125  2016年12月発刊

依存症・AC・人間関係・・・回復とセルフケアの最新情報のBe!の
カサンドラ症候群
知恵を共有する仲間たち③(最終回)に
アスペルガー・アラウンドが掲載されています。

Be!は、これまで、カサンドラ症候群を6回に
わたってテーマとして取り上げています。




最終回として、アスペルガー・アラウンドの
カサンドラ回復のための活動に、ご着目いただきました。

アスペルガー・アラウンドは、ハーンの妻の活動から、4年目を迎えました。
明るくなって帰っていかれる参加者のみなさまに、
私が誰よりも、たくさんの励ましをいただいてきました。

実施中のCADD脱出プログラムには、予定していた倍のお申込みを頂いて、
おかげ様で、第二弾のめどもついてきました。

前記事の「引きこもりのご家族の皆様」
そして、この「Be!」で話題にのぼるACに関わる方々、
10年前は、名称も知られていなかった発達障害という生きづらさを抱えた方の周辺に
カサンドラがいる可能性に多くの方が、いずれ、気づかれていくはずです。

アスペルガー・アラウンドの活動は、はじまったばかりですが、
多方面にアスペルガー・アラウンドの活動ニーズがあることを、強く感じる毎日です。

同時に私だけでは、到底、抱えられない数多くの課題に
一人でも多く、ご賛同頂ける方と繋がって、皆さんと一緒に考えて参りたいと思います。

ちょビット☆セミナー ぱそこん入門 3月のご案内

少人数で、知りたいこと、やりたいことが、その場で、
解決!
こんなにお得なパソコン教室は、くろうささんだから。
リピーター続出で、すぐに満席締切になりますので、
お申し込みはお早めに。
 

タッチタイピングの秘密の攻略法や、ネットの仕組みや
経費節約技など、家計に嬉しいネタも織り混ざった講座です。

ランチタイムは、カサンドラトークで、ストレス解消!


✳︎講師紹介✳︎
講師は、くろうささん(アスペルガー・アラウンド静岡担当)です。
くろうささんは、IT関連の専門家で、若手の情報教育のご指導に
当たっている
現役講師でいらっしゃいます。

通常のパソコン教室は、カリキュラムが決まっていて、自分に合わせ
た指導がなかなか受けられません。

現在の状態から、目標のスキルを設定し、ステップアップを一緒に
計画してもらいましょう。
 
・アスペルガー・アラウンドのHPの見方がわかんない
という方から、 

・IT系の資格を取りたい
という方まで。 
 

ちょビット☆セミナー ぱそこん入門 

開催日:平成29年3月4日(土)
    午前の部 10:00~12:00
    午後の部 14:00~16:00

参加費:半日 2,500円  午前・午後連続 4,000円

持ち物:ご自分のPCで受講される方は、ご自分のPC
    (動作が遅いなどの相談も、受けられます)

場所    :アスペルガー・アラウンドオフィス

               最寄駅  京王線 聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩5分
         《ティーバー・アラウンド》  
          お申し込みの際に地図をお送りしております。 


imageimageimageimage

















お申し込みは、以下をクリック
http://www.reservestock.jp/page/event_series/20389
または、
HPメニューバーお問い合せ・お申込み
をクリック頂き、リザードストックのサイトから、
お申し込み下さい。




あけましておめでとうございます。


本年もよろしくお願い申し上げます。

image
 

  • ライブドアブログ