アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

代表SORAの夫との生活や日々、思うことは、《夫ネタ★脱却!カサンドラ》
http://blog.livedoor.jp/khan2013214-otto/ をお読みください。

2016年09月

第9回ASD勉強会ご感想

第9回目のASD勉強会。
アスペルガー・アラウンドの定例イベントで、しゃべりばの次に大切な
プログラムだと自負しています。

もう一歩進もうと思われた方は、必ず参加して欲しい。

CADD脱出プログラムを挟みまして、構成をマイナーチェンジしたいと思います。
しばらく、お休みいただきます。

休みなしで、2時間、最後までご清聴いただきまして本当にありがとうございました。
有志ランチ会も楽しく過ごさせていただきました。

アンケート結果  10枚/11名参加  
<20代0名・30代1名・40代3名・50代6名・60代2名>

1.本日の感想 

①残念ながら、期待はずれ(0)
②まあまあ、参加してよかった(1)
③得るものがあって満足だった。(9)

2.どんな点が印象に残ったか。

・紹介本があって、手に入れて読んでみようと思ったところ。又、一喜一憂している自分が
いて確かに波がいつもあるし、あっても当然だと安心した。
・わかっているのに、ついつい定型に近づけようとしている自分を改めて認識しました。
柳下さんの
視覚的アプローチを学びたいと強く思いました。それからうちの夫は真っ黒なアスペでは
ないかもしれないとも感じました。人格障害がまざっているかもしれません。
・特徴ととらえ方、診断についての話、ASと生活していく上で、CADDの人の心構えとAS
の人の本人側からみた状態を少しだけ理解することができました。
・「回復することをがんばりすぎない」という点が、今の私に少し当てはまりつつある感じが
したので、気をつけようと思いました。
・混乱している部分がわけられた。すいません、聞くので精一杯。
・特徴と対策がわかりやすかったです。
・本やネットでは得られない最近の情報(特に医師のこと)がわかり来てよかったです。
いつも思いますが、お話がとてもわかりやすいので助かります。(うれしい~SORA)
夫のかかりつけ医に対応についてつっこみいれそうです。
・割り切って接すれば、もしかすると楽なのではと思った。ASにとって具体的に指示し、
失敗は経験(良い)にはならないということ。

3.1で①、②に〇をつけた方の具体的な内容

・途中で、画面にはあったのに、手元の資料にないのがわかりにくかったです。
 →配布資料はあくまでも参照程度としております。
  すべてはご用意できませんが、ご勘弁ください。

4.ASDの理解は深まりましたか?

・日本での診断の難しさを知りました。脳の構造が私達と違うのであれば、それは仕方ないかな・・・と。
・カサンドラ脱出の方も行きたいと思います。土日は子供の習い事の都合もありますが、何とか
出席できたらと思います。
・なるほどなぁと思い至ることがたくさんありました。ありがとうございました
・専門家が少ないことの問題は大きいと思いました。精神科医が発達障害を見落とすことが
多いことも残念で、こういった会で教わったり、共感しあえることが、有りがたく感じます。
・しゃべりば(2回)のあとだったので、基本の?おさらいができてよかった。
・ある意味で夫に対して諦めないといけないと、逆に自分が対応できることが整理できたように
思います。
・ASD本人の頭の中の考え方や、行動がなぜ?が多すぎて理解できないことが多いので、
とても困っていましたが、少し先が見えてきたように思えます。(おぉ~それはうれしい~SORA)
・やってはいけないことばかり20年間やり続けてしまいました。今から自分がすべき事は、
何なのか、考え込んでしまいました。
(だめですよ~一人で抱えては。必ず道は開けます~SORA)
・当人達は困っていないのに、でもDVDとか体験すると、イライラしたり、不安だったりは感じて
いるのだろうと思えた。彼らの世界の見え方が違うということを再認識できた気がします。
安心する日常にできたらと思います。(できたら・・ですが)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

しゃべりば静岡 ー浜松開催ー

静岡担当のくろうさです。

さらに大好評だった第二弾しゃべりば静岡。
続けて、来月もやります。
待望の浜松で、やります。
静岡でしゃべりばを定着させて、より内容を
深めていきたいと思います。
たくさんの方の参加をお待ちしています。
お知らせが間際になってしまって、申し訳ありません。


 しゃべりば静岡

カサンドラの方の日常生活の問題、
困難など、それぞれの思い、なやみ、怒りなどをおしゃべりで解放します。
ここで、お仲間を見つけられて、正しく感情を表出することが、カサンドラの
回復には、とても効果があります。
カサンドラの方であれば、女性、男性は問いません。


日時 : 10月1日(土)13:15~受付 13:30~開始 16:30終了
                   ※途中参加、途中退室の方は、ご連絡くださいませ。

参加対象 : 発達障害の方と関わってカサンドラ(かつてカサンドラ)状態を
                  自覚された方、 発達障害の方と関わってお困りの方。
                  女性、男性は問いません。
                  親子関係、職場関係など。婚姻前の方でもかまいません。
                 

内容        : 参加者相互の茶話会
        
                                  
参加費   :600円

場所     :  浜松アリーナ  第二研修室
                     http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/maps/h-arena.html
                               
定員       :10名程度                   

お申し込みは、
①HPメニューバーお問い合せ・お申込みをクリック
②リザードストックのイベント・セミナー一覧をクリック
③ご希望のイベントを選択して、お申し込みください。


CADD脱出プログラム すべての日時が決まりました

第4回の会場が、変更になりましたので、ご確認ください。
すでに、第1回は、満席になっております。
第2回以降は、10月10日以降、空席が出た場合、
HP・メルマガでお知らせいたします。


第1回  10月10日(祝) 〈 ACとカサンドラ〉 定員20名
      講師:一部  ともさん〈オ・ソレイユ代表〉
                                二部  鳥居優子先生〈臨床心理士〉
      会場:関戸公民館第3学習室 参加費:2800円 
                
第2回     11月 3日(祝) 〈特性理解と対応〉   定員30名~40名  
      ※ この回のみ、パートナーとペア参加が可能です。
      講師:一部  SORA
                                二部  柳下記子先生〈視覚発達支援センター学習支援室室長 特別支援教育士〉
      会場:関戸公民館 大会議室 参加費:2800円(ペア参加5000円)
3回以降に参加されたい方は、この第2回〈特性理解と対応〉または、
〈カサンドラのためのASD勉強会〉を受講されていることをおすすめします。


第3回  12月4日(日)  〈自分を知り、戦略を学ぶ〉 定員30名~40名 
      ※10月11日以降、空席があった場合、受付開始
      講師:一部 橋本庸明先生〈クリエイティブ・セラピスト協会理事・精神保健福祉士〉
                                二部  SORA
      会場:関戸公民館 大会議室 参加費:2800円  
       
第4回    1月21日(土)   〈自分を知り、戦術を学ぶ〉 定員20名
      ※10月11日以降、空席があった場合、受付開始
        講師: 一部  露木肇子先生〈弁護士〉
               二部  桜沢信江先生〈心理カウンセラー・NPO法人アサーティブジャパン認定講師〉
      会場:CUORE・堀之内(京王線堀之内駅ビル内) 参加費:2800円

第5回は、午前、午後とワークショップが続きます。
慣れない方には、ハードに感じられる1日になると考えられます。
第5回のみにお申し込みされる方は、ご自分の状態を十分にお考え下さい。

               
第5回     2月 5日(日)    〈心を愛で満たし、未来の自分をステートメントする〉限定36名
       ※10月11日以降、空席があった場合、受付開始
       講師:  梶原美保先生〈認定レジリエンス・トレーニング講師・産業カウンセラー〉
               会場:関戸公民館大会議室 参加費:3000円
  
    ✱✱✱✱✱✱✱

第4回午前の露木肇子弁護士のご講演については、CADD脱出プログラムの枠とは、
別に参加費1,500円の20席をご準備させていただく予定です。

      露木肇子先生は、「モラル・ハラスメント」のすべての著者であり、DV被害者支援など、
      女性の立場にたった活動をされています。

露木肇子先生著作

         
 
               
                

しゃべりば多摩 10/2

10/2のしゃべりばは、10月10日のCADD脱出プログラムに参加されたいための
しゃべりば初回参加の方を優先して、受付しておりましたが、
CADD脱出プログラム第1回が、早くも満席になっております。
現在は、条件をクリアしている方の一般のお申し込みに応じております。

しゃべりば多摩

ASまたは、AS傾向のあるパートナーとの日常生活の問題、困難など、
それぞれの思い、なやみ、怒りなどをおしゃべりして、分かち合います。
主に関戸公民館で実施します。
ここで、お仲間を見つけられて、正しく感情を表出することが、カサンドラの
回復には、とても効果があります。

日時        :10月2日(日) 13:15~受付 13:30~開始  16:30終了
                 途中からの参加、退室も、お申込みの際、ご連絡いただければ、かまいません。

参加対象 : 発達障害の方と関わってカサンドラ(かつてカサンドラ)状態を
                 自覚された方、 発達障害の方と関わってお困りの方。
                 女性、男性は問いません。
                 親子関係、職場関係など。婚姻前の方でもかまいません。
                 発達障害があり、かつカサンドラの方は、
                 自己紹介で障害についてカミングアウトして
                 頂くことを条件に参加頂いています。


内容        : 参加者相互のお茶会
                 ※ 4〜5人のグループに分かれて進行します。

参加費   :600円

場所     :多摩市立 関戸公民館 第3学習室

最寄り駅 :京王線聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分

定員        :15名程度

                                     
しゃべりば多摩の参加申し込みはこちら            

CADD(カサンドラ)脱出プログラム 1回

カサンドラ脱出プログラム

参加できるのは、「しゃべりば」に参加済みの方です。

他の自助会の参加経験がある他、カサンドラのお仲間と
交流したことがあれば、同様の条件とします。
SORAの個別相談にいらした方もオッケーです。

CADD脱出プログラム 1回 〈 ACとカサンドラ〉

カサンドラさんには、「AC体験」を語られる方が多くいます。
ASのパートナーと一緒になった理由にACを考える方もいます。
ACになった理由を親のASと考える方もいます。

自尊感情が低くなるといわれるAC。
ACとカサンドラについて、向き合う時間をともに過ごしましょう。

カサンドラのお仲間でかつAC自助会代表をつとめるともさんと一緒にACを共有し、
ACにも発達障害にもお詳しい臨床心理士の先生とそのあり方を考えていきましょう。
ファシリテーターはSORAです。

日時   :10月10日(祝) 9:30~受付10:00開始 17:00終了

参加費     :2,800円

内容   :講演とワークショップ(参加型セッション)
        
       一部 ともさん 
            アダルトチルドレンの自助会 Au Soleil(オ・ソレイユ)代表
            当団体が、取材された「あさイチ どう向き合う?夫の発達障害」に
                                 出演されています。
      
       二部    鳥居優子先生(臨床心理士・心理相談室ユースフィア主宰)
            都内相談室で、個人、家族、カップルの心理療法を行う。
            うつ病、AC、職場ストレス、自己成長の援助に総合的にアプローチ
                                  される先生です。

   
場所   : 多摩市立 関戸公民館 第3学習室 (京王線 聖蹟桜ヶ丘駅徒歩3分)
        
定員   : 20名

CADD(カサンドラ)脱出プログラム 第1回の参加申し込みはこちら


事前にお振込みをいただき、受付完了とします。
振込料は、ご負担いただいております。
一旦、お振込みいただいた参加費は、返金できません。

参加された会場でのお申し込みを優先して受付けます。

**************

カサンドラ脱出プログラム
全回、参加された方には「CADD講座全受講証」をお渡しいたします。

単発受講は、可能ですが、
出来る範囲で数多くの回に参加され、しっかりと歩みを
すすめられることをお勧めします。



CADD(カサンドラ)脱出プログラムのご案内

カサンドラという状態が少しずつ周知されてきたここ数年。
アスペルガー・アラウンドに参加された方の声は、
「そして、どうしたら、この状態を改善していけるのか?」に変わって参りました。

カサンドラは、関係性が生み出す状態です。
改善していくためには、2つの側面があります。
1つは、パートナーさんが変わっていくこと。
もう1つは、カサンドラさんが変わっていくこと。

まず、カサンドラさんが、先に元気になって、パートナーと環境を
変えていくパワーを少しずつ回復させましょう。

カサンドラ脱出プログラム【ステージ3】は、

ステージ1「しゃべりば」で、一歩を踏み出され、さらに先に
すすみたいた方のために企画いたしました。

参加する条件は、「しゃべりば」に参加済みの方です。

他の自助会の参加経験がある他、カサンドラのお仲間と
交流したことがあれば、同様の条件とします。
SORAの個別相談にいらした方もオッケーです。

全回、参加された方には「CADD講座全受講証」をお渡しいたします。

単発受講は、可能ですが、
出来る範囲で数多くの回に参加され、しっかりと歩みを
すすめられることをお勧めします。
特に第5回については、ファイナルステージになりますので、
ここのみの受講は、ご自分の状態と照らしあわせ良く考えられてお申し込み下さい。

ステージ1をクリアされていないけれど、参加されたいと思われた方のために、

10月2日(日)13:30~16:30 
しゃべりば多摩
を実施いたします。
カサンドラ脱出プログラムに参加するために、
初めてアスペルガー・アラウンドに申し込まれる方の特別枠を
準備しています。

この条件は、状態に合わないプログラムに参加され、さらにカサンドラを
悪化させないために設定させていただいています。

開催意図をご理解いただき、ご自身のためにも、ご協力をお願いいたします。

以下のご案内を良くお読みいただき、お申込みください。
赤字は、未定部分です。
講師の先生や内容の詳細は、日時等、決まり次第、HPと
メルマガで発信します。

*********************
参加費をお振込みをいただいた方から、
受付させていただきます。
振込料は、ご負担いただいております。
一旦、お振込みいただいた参加費は、返金できません。
参加された会場でのお申し込みを優先して受付ていきます。


時間  :各回すべて10時~17時 (受付9時半開始)

場所  :多摩市関戸公民館(京王線 聖蹟桜ヶ丘駅徒歩3分) 

参加費     :  2800円   ※第5回のみ3000円

講師  :アスペルガー・アラウンドならではの多彩な講師陣は、
     各回のご案内ページ及びリザストお申し込みページで
                  お確かめください。
       
第1回  10月10日(祝) 〈 ACとカサンドラ〉 定員20名  
                
第2回     11月 3日(祝) 〈特性理解と対応〉   定員30名~40名 
    ※ この回のみ、パートナーとペア参加が可能です。

3回以降に参加されたい方は、この第2回〈特性理解と対応〉または、
9月25日〈カサンドラのためのASD勉強会〉を受講しておかれることをおすすめします。

第3回  12月未定   〈自分を知り、戦略を学ぶ①〉 定員未定10月中旬受付開始
               
第4回    1月未定        〈自分を知り、戦術を学ぶ②〉 定員未定11月上旬受付開始 

第5回は、午前、午後とワークショップが続きます。
慣れない方には、ハードに感じられる1日になると考えられます。
第5回のみにお申し込みされる方は、ご自分の状態を十分にお考え下さい。

               
第5回     2月 5日(日)    〈心を愛で満たし、未来の自分をステートメントする〉12月上旬受付開始 
               認定レジリエンストレーナーによるレジリエンストレーニング
                                             
限定36名
               
                
                                             

秋のガーベラ・アート 5回コース

ご好評いただきましたワークショップ臨床美術は、継続して頂くことで
より効果を感じていただけるアートプログラムです。

10月より、発達障害に関わるすべての方を対象に臨床美術のワークショプを

ガーベラ・アートとして提供していきます。(大人のみの募集となります。)

臨床美術のワークショップは、作品を楽しみながら作ることにより
五感への刺激と
リラックスできるコミュニケーションを体験でき、
脳の活性化が促されます。

また、心が解放され生きる意欲や潜在能力を引き出すことにも効果があると
言われています。


5回連続で1コースとし、10月よりスタートします。
午前と午後のコースを設定いたしました。

秋のガーベラ・アート 5回コース

開催日時   : 10月  4日(火) 紙やすりに描こう  
                     11月  1
日(火) フロッタージュ・パズル
                    117日(火) 暖流と寒流のカレンダー
              
                    2
月  7日(火) アナログ・フロッタージュ 
                    3
月  7
日(火) シーズン・コレクション

開催時間
   午前のコース・10:3012:00 
                       午後のコース・
13:00
14:30

 
定員          午前、午後各コース5名まで(先着順)


参加費
     : 1コース16500円 

       いずれも材料費込みです。オリジナル画材をお貸しいたします。

※日時、参加回数に関して、ご質問、ご要望は、《お問い合わせ》ください。


場所
             アスペルガー・アラウンドオフィス《ティーバー・アラウンド》
                         最寄駅 京王線聖蹟桜ヶ丘駅  徒歩5分
                         お申し込み頂いた際に地図をご案内させて頂きます。

担当するのは、アスペルガー・アラウンド臨床美術ワークショップでおなじみの
臨床美術士 NANAIYOMIWAです。



お申し込みお問い合わせは、
HPメニューバーお問い合せ・お申込み
をクリック頂き、リザードストックのサイトから、
お願いします。
《作例》 
紙ヤスリフロッタージュ






 


『臨床美術』及び『臨床美術士』は、(株)芸術造形研究所の登録商標です。

  • ライブドアブログ