アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

2015年06月

6月ワークショップのお知らせ

6月ワークショップの日程が近づいてまいりました。

質問シートのご提出に、ご協力いただきまして、ありがとうございました。
お陰様で、二部は、3つのグループに分けさせていただき、
各グループ10名程度で、ツナさんとお話できる時間を設定できました。

会場は、いつもの学習室を二つ合わせ、大会議室として、使用いたします。

※このワークショップの募集はすでに締め切っております。

6月ハーンの妻達ワークショップ

日時       :6月14日(日)  13:00〜受付  13:30~開始  16:30終了

内容       : ワークショップ   「ようこそ、先輩」
                一部  野波ツナ先生のお話               
                二部  野波ツナ先生を囲んでの座談会 
                         ※グループに分かれます。

講演者    :  野波ツナ先生

参加費    : 2000円    

参加対象:ご自身が、カサンドラである、だったと感じていらっしゃる方
                ※男性カサンドラさん、ADHDのカサンドラさん、
                   ASDのカサンドラさんもウエルカムです。
   
場所  :多摩市立関戸公民館 
                  大会議室
                  最寄り駅  京王線聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分    

事前にご質問等、いただける場合は、
khan.2013214@gmail.com
まで、お願いいたします。内容に反映させていきたいと思います。

サンデー毎日さんの取材を受けました

6月2日発売の「サンデー毎日6月14日号」にアスペルガー・アラウンドが、
掲載されます。 
あさイチ放映が、きっかけでご連絡を頂きました。

✳︎✳︎✳︎
あさイチの放映内容で、さりげなくクリアしたのは、『診断、未診断』という
ハードルだったと思います。

『診断を受けている、受けていない』は、結果であって、本当のハードルは、
ASD、あるいはASD傾向のあるパートナーが、『協力的か否か』だということでした。

あさイチの放映で、多くの方が、「カサンドラという状態」を知りました。

次に、課題になるのは、そのことをいかにパートナーに伝えるか、
パートナーに受け入れてもらうかということになります。

これは、番組の中で宮尾先生が言っていたように、とても慎重になるべきところです。

私のところに参加された方で、「夫に早く、ASDの可能性があると告げたい」と
先に急ぐ方がいます。

いえいえ、ここは、慎重に、「急がば回れ」です。
ここで失敗すると、ASD傾向がある方だからこそ、二度目のチャンスがないことも
あり得るのです。

だから、一緒に知恵を絞りましょう。

まず、カサンドラを回復させながら、武器を手に入れ、戦略を共に練りましょう。
武器は、戦うための武器ではありません。
コミニュケーションスキルという武器です。
戦略は、一人で練るのではなく、多くの方の知恵を借りましょう。
  • ライブドアブログ