アスペルガー・アラウンド

発達障害に関わるすべての方がつながるカサンドラのベースキャンプ

運営理念
1)インクルーシブ社会を目指します。
2)解決志向で活動します。
3)女性自立を応援します。
4)非営利団体で、スタッフはボランティアです。
アスペルガー・アラウンドは、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。
本団体では、カサンドラをアスペルガーの方と関わる全ての方に起こる状態と広義に捉えて活動しています。
参加対象は、女性、男性、兄弟姉妹、親子、職場関係、未婚、既婚、問いません。
ASDは、本人も自覚しにくいわかりにくい障害です。相談できる場が、身近にあって、わかりにくさが、見えてきたら、軋轢だと思っていたものが、違って見えてくるかもしれません。
カサンドラは、早期発見、早期対応が大切です。
簡単なことでは、ありません。だから、みんなでつながって考えましょう。

代表SORAの夫との生活や日々、思うことは、《夫ネタ★脱却!カサンドラ》
http://blog.livedoor.jp/khan2013214-otto/ をお読みください。

カサンドラ序曲ーおすすめの新刊ー

15年前に夫の診断が出たころ、発達障害のことを知る人は、
地元には、ほとんどいなかった。

本屋さんで探しても、関係書籍は、難しい本ばかりで、読むのに苦労した。

司馬理英子さんの「ジャイアンのびた症候群」が、流行りだしたころで、
大人の発達障害なんていないと思われていた。

息子の3歳児健診で、私が保健婦さんにその特性を訴えても、
「発達障害は、発達がどこかで追いつくこともありますから、様子を見ましょう」と
待ったをかけられるような時代だった。

私は障害児学校に勤務していたから、障害は「早期発見、早期療育」であることを
知っていた。

でも、息子を適切に受け入れてくれるところは、確かになかった。

そして、そばにいるもっと大変な夫を理解する人は、皆無だった。

✱✱✱✱✱

アスペルガー・アラウンドのASD勉強会の中で、私は、

今は、書籍が山のように発刊されて、情報が満ち溢れている。

けれども、私の求める内容が書かれている本は、未だにない。

と話してきました。

私が唯一、手がかりにしてきたのは、洋書であり、そして、アストン博士の翻訳本だった。

今、ようやく、和書として、はじめて、私が15年前に、読みたかった本が発刊された。

宮尾益知
滝口のぞみ共著
「夫がアスペルガーと思ったとき妻が読む本」
誰にもわかってもらえない〝カサンドラ症候群〟から抜け出す方法

河出書房新社

夫がアスペルガー

長く、長く待っていた本の表紙に、〝カサンドラ症候群〟という
副題があり、そして〝抜け出す方法〟まで、提案されていることに
胸が熱くなり、感動すらおぼえる。

ASD勉強会で、おすすめの本の一冊は、あきらかに入れ替わる。

✱✱✱✱✱

この記事のタイトルを私はカサンドラ序曲とした。

15年前にこの本があれば、私は、アスペルガー・アラウンドを起こさなかったかもしれない。

そう思うほど、この本は、私が待ち望んでいたものだ。

しかしながら、それはもっと早く15年前に発刊されるべきだった。

今、私は、アスペルガー・アラウンドの活動から、カサンドラという状態を
夫婦間に限らない視点でとらえていきたいと痛感している。

ゆえに、この本は、カサンドラ序曲。

スタートに過ぎないと予感するのだ。


第8回ASD勉強会ご報告

構成は、変えていないものの、ニーズに応じて、内容は、
濃くなる一方。

かなり、2時間飛ばして、話しているものの、具体的なネタを
織りこむ余裕がだんだん、なくなってきました。

ステージ2と位置付けても、初めての参加の方は、半数近く、
毎回いるのが現状です。

しゃべりばで、他の方と関わる前に、まず、知識を得たい、
確認したいという気持ちになることも、わかります。

もう少し、丁寧にお話ししていきたいなーと思ってきたので、
前半、後半の二回完結講座に作り替えようかと、構想中。

カサンドラは、夫婦関係ばかりでは、ありません。

最近、私のアンテナに引っかかるのは、仕事関係。

助けている側が、気持ちが空回りして、傷ついているケース、
悩んでしまうケースが気にかかります。

企業内で起こるカサンドラ。

そんな話も織り込んでいける構成にできたらと思っています。

臨床美術ワークショップのご報告

今日は、30度を超す夏日でしたが、涼しさも感じられる
壮大な宇宙の映像に心を飛ばして、素敵な作品が、勢ぞろいしました。


アンケート結果 9枚/11人参加
<30代2名・40代5名・50代2名>
1.本日の感想
①残念ながら、期待はずれ   (0)
②まあまあ、参加してよかった    (3)
③来てよかったと思った        (6)


2.どんな点が良かったか?
①臨床美術のアートプログラム  (8)
②鑑賞会            (5)
③交流会(ミニしゃべりば)   (0)
④その他ご感想など       (1)

・先生の説明がわかりやすかった

3.10月から実施のカサンドラ回復プログラムのガーベラ・アートについて(複数可)
①参加したい            (2)
②臨床美術は、自分には合わなかった (0)
③臨床美術に関心が持てなかった   (0)
④参加したいと思うが、悩み中    (6)

4.3-④を選んだ方のご意見(複数可)
①参加費が高い         (2)
②子供と一緒が良かった     (1)
③曜日が合わない        (2)
④場所が遠い          (1)
⑤その他ご意見・ご感想     (1)(自分を解放することの意味をもう一度考えたい)

ご協力ありがとうございました。 
 

読書会のお知らせ

「アスペルガーと愛」読書会  

カサンドラの提唱者のアストン博士の著作「アスペルガーと愛」を一緒に
読み合わせていく会です。
本は貸し出し用がありますので、ご購入いただかなくても参加できます。
購読されないままの参加で構いません。
関戸公民館での大勢のイベントが苦手な方は、こちらもご利用くださいませ。


日時             : 9月25日(日) 13:45受付 14:00開始  16:15終了

内容          :  「アスペルガーと愛」の中から、当日参加した方の
             ニーズに合わせた項目を選んで、読み合わせていきながら、
                     ご自分の悩みも話し合っていくお茶会です。   
                        ファシリテーターは、SORAです。

参加対象           :  カサンドラ (カサンドラだった)を自覚された女性限定 

参加費        :  600円
                       
使用書籍   : 「アスペルガーと愛」ASのパートナーと幸せに生きていくために
                         東京書籍発行   マクシーン・アストン著   宮尾益知監修

場所        :   アスペルガー・アラウンドオフィス
                      T&B(ティーバー)アラウンド

最寄り駅    :京王線聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩5分
                     お申し込み頂いた方にご案内いたします。

定員           :5名女性限定
                          
           
参加お申し込みは、
HPメニューバーお問い合せ・お申込み
からお願いします。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村
           

カサンドラのためのASD勉強会

カサンドラのためのASD勉強会(第9回)

ー次回からリニューアルして、前半・後半になります。
  前半、後半をコンパクトに聞ける最後のチャンスー

発達障害理解の講座の多くは、発達障害当事者や支援者を対象にしたものです。
カサンドラの方の立場に立った内容ではないために、カサンドラの方の中には、
さらに頑張れと言われたような気持ちに陥ったり、カサンドラの辛さを
理解されないような拒絶感を感じたりするようです。

アスペルガー・アラウンドで、同じカサンドラの方と一緒に、
発達障害理解の初歩講座を受けましょう。

最近、発達障害を知った、自分がカサンドラかもしれないと思いあたった、
関連書籍を読んだけれども、腑に落ちない、
医療機関にかかることが良いのか、判断できないなど。

カサンドラかな?と思った時に最初に浮かぶ疑問の数々を
共に紐解く時間にしたいと思います。


日時          : 9月25日(日) 9:15〜受付9:30開始12:00終了

内容           : アスペルガー・アラウンド代表SORAによるスクール形式の講座です。       
   
参加対象   : パートナーの障害や特性を理解していきたいと思える余裕がある方。
                   
                    パートナーの事よりも、ご自身の辛さや状況を相談したい方は、
                    勉強会の前に、ステージ1(しゃべりば・読書会)から、参加されることを
                    おすすめします。

参加費    :1000円
                
場所    :多摩市関戸公民館  第三学習室

最寄り駅   :京王線聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分

定員        :20名程度

※終了後にSORA同席の有志ランチ会あり、参加人数に限りがあります。
                          

お申し込みは、
HPメニューバーお問い合せ・お申込み
からお願いします。

次回11月からは、午前・午後に分けてロングバージョンで、実施です。


   



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村
           

カサンドラのためのクリニカルアート

「カサンドラのその先」に向かうために、まずは、立ち向える自分をつくるために
自分を先に満たしましょう。 

7月3日実施の臨床美術ワークショップは、おかげさまで、満員御礼と
なりました。

臨床美術は継続して、受講することで、自己肯定感がより、高まっていきます。
認知症の回復プログラムとして、医療と芸術と心理という三分野の専門家の出会いから、 
生まれたのが、臨床美術です。
そのアートプログラムは、資格を有している臨床美術士により実施され、
現在は、社会人のメンタルヘルスケアや教育現場などで、広く取り入れられています。

アスペルガー・アラウンドでは、臨床美術士による
カサンドラのためのクリニカルアート連続講座
「ガーベラ・アート」を10月からスタートします。

5人までの少人数のグループセッションになります。

お申し込みの詳細は、HPでお知らせいたします。
ご期待くださいませ。

尚、HPのお知らせを先に受け取りたい方は、
是非、メルマガにご登録くださいませ。
http://www.reservestock.jp/subscribe/54444 メルマガ登録



会員登録のご案内

*賛助会員*
賛助会員は、アスペルガー・アラウンドの理念に賛同いただいた方です。
会費は一口1000円で口数に制限はありません。
期間は、7月1日〜翌6月30日の一年間です。年度途中でも、お申し込み頂けます。
【ご登録手順】
①HP「お問い合わせ・お申し込み」から、リザストのサイトにいきます。
②メニューバーの「ショップ」から、賛助会員を選択頂き、必要項目をご記入いただき、
送信してください。
③口数を個数で指定頂き、会費をお振り込みいただいて、登録完了となります。

会員の皆様には、メルマガ会員に、登録させて頂きます。
アスペルガー・アラウンドの最新イベント情報などを受け取られてください。

アスペルガー・アラウンド メルマガにようこその購読申し込みはこちら


*正会員*
正会員は活動推進のために、自らの意思で、積極的に援助、支援してくださる方です。 
詳細は、アスペルガー・アラウンドのイベントにご参加頂いた際に、お問い合わせください。
 

スタッフ
HPで募集しております「スタッフ募集」のスタッフは、上記の会員登録と
無関係に、どなたでも、参加頂けます。
スタッフ希望の方には、他のスタッフとメールアドレスを共有頂くスタッフメーリングに
アドレスをご登録頂きます。
詳細は、アスペルガー・アラウンドのイベントにご参加頂いた際に、お問い合わせください。

新企画 グループセッション パートナーと座談会

今年で三回目になった
診断済のASD当事者の男性をお招きしての座談会は、
かつてないご好評を賜りました。
詳細は、こちら⇩
http://asperger-around.blog.jp/archives/58310525.html

これまで、一年に一回のみ、実施してきたこのイベントですが、
前回参加できなかった方々のために、内容を簡易にさせていただき、
参加人数を6〜8名におさえたグループセッションを、この度、
開催させていただきます。

診断済みのASDの方から、皆さんの日頃の疑問に直にお答え
いただきます。
夫に聞いても、答えてくれない「不思議」を、当事者の方から、
自ら解説していただく場となります。

また、診断を受けようか、悩んでいるパートナーとご一緒での参加、
診断が出たものの、どのように対処していけば良いか、
わからないご夫婦も是非、いらしてください。
また、男性カサンドラさんとASDの奥様のペアも歓迎いたします。

ASDの方が、肩身が狭くなるような進行ではありませんので、
ご安心ください。

グループセッション《パートナーと座談会》

セッションAとセッションBは、入替制です。
ASDまたは、ASD傾向のある方の同意を得られていない参加はお断り
させていただいております。

日時       : 8月27日(土)
                  セッションA       13:15~受付  13:30開始  14:50終了
                  セッションB       15:05〜受付  15:20開始  16:40終了

内容       : ASD当事者を囲んでの座談会  
                テーマは、当日の参加者の質問から絞っていきます。
                ファシリテーターは、SORAです。

参加費    : 2,000円  (パートナーと参加される場合は、ペアで3,000円)
   
場所  :多摩市立関戸公民館  第3学習室
                  最寄り駅:京王線聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分        

定員       : セッションA   6名〜8名
                   セッションB   6名〜8名   ※入替制です。

今回のイベントは、ステージ2になります。
発達障害についての理解と受容ができる気持ちの余裕がある方へ
参加をお勧めしています。
愛情剥奪状態が激しく、ご自分のお気持ちをまず、受け止めて
欲しいと思われている方は、「しゃべりば」からの参加をおすすめします。

お申し込みは、
HPメニューバーお問い合せ・お申込み
からお願いします。
リザストのサイトから、グループセッションをお選びください。

しゃべりば・多摩


しゃべりば・多摩

ASまたは、AS傾向のあるパートナーとの日常生活の問題、困難など、
それぞれの思い、なやみ、怒りなどをおしゃべりして、分かち合います。
主に関戸公民館で実施します。
ここで、お仲間を見つけられて、正しく感情を表出することが、カサンドラの
回復には、とても効果があります。

日時        :8月20日(土) 9:15~受付 9:30~開始  12:00終了
                 途中からの参加、退室も、お申込みの際、ご連絡いただければ、かまいません。

参加対象 : 発達障害の方と関わってカサンドラ(かつてカサンドラ)状態を
                 自覚された方、 発達障害の方と関わってお困りの方。
                 女性、男性は問いません。
                 親子関係、職場関係など。婚姻前の方でもかまいません。
                 発達障害があり、かつカサンドラの方は、
                 自己紹介で障害についてカミングアウトして
                 頂くことを条件に参加頂いています。


内容        : 参加者相互のお茶会
                 ※ 4〜5人のグループに分かれて進行します。


参加費   :600円

場所     :多摩市立 関戸公民館 第3学習室

最寄り駅 :京王線聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩3分

定員        :15名程度

                                     
参加お申し込みは、
HPメニューバーお問い合せ・お申込みから、
お願いいたします。            

脳科学から学ぶアスペルガー講演会ご報告

前田先生の研究者としての高いお志と参加者を思う暖かいお気持ちに
満たされた講演会となりました。
脳科学2
講演内容は、学術的な難しい内容を、ウィットに富んだ例を
交えながら、かみ砕いて解説してくださり、私は、お腹もよじりながら
頭も、フル回転の2時間でした。

カサンドラ症候群の解説も、しっかり入れていただいて、皆さんの
良く知っているあの〇〇先生の漫画の表紙も、資料でちらり。

東大生おすすめの先生のご講座、まさに!でした。また、是非、来ていただきたい。

スタッフの皆様、朝早くから、ご準備をお手伝いいただき、ありがとうございました。
終了後も、あっという間に、アンケートをまとめてくれました。
以下、ご覧ください。

アンケート結果 47枚/65人参加  
<20代1名・30代9名・40代10名・50代19名・60代4名・70代1名不明3>

1.本日の感想

①残念ながら、期待はずれ(1)
②まあまあ、参加してよかった(10)
③来てよかったと思った。( 35)


2.どんな点が良かったか?

学習障害8
多重知能の理論 23  
自閉症とアスペルガー症候群 23  
アスペルガー症候群と脳科学 31  
ADHDと脳科学  21  
カサンドラ症候群 11 △ 1
自己肯定感を保つには 27  
その他  5 

・とても平易に分かりやすく説明していただきましたので、勉強になりました。またの機会が  
 ありましたら、講演していただきたいです 。
・モジュール説がとても分かり易かった。 
・認知行動療法
・先生の人柄、話し方、内容、ジョークもすばらしかった!
・「例」がとてもわかり易かった。       


3.本日のご感想

・非常に楽しんで聞ける講話でした。脳科学の見地を踏まえて、日常のリフレ―ミングの仕方など、何か実戦で生かせるエッセンスがあると、当事者の方の満足感に繋がるかと思いました。 
・ 自分の生活上の悩みとはつながらず、悩み苦しみが深くなった。 
・初めて聞く方も多かったですが、大学生になった気分で面白く聞くことが出来ました。
 これほど多くの人がカサンドラで悩んでいるのかなと思えただけでも、心が軽くなりました。
・もっともっとアスペとカサンドラのことを学びたいと思いました。  
・年齢層の低いコミュニティーがあるといいなと思いました。  
・お話が出来て楽しかったうえに、わかりやすくて、来てよかったです。数年後に新たに分かった医学心理的な
 ことを、また聞きたいです。    
・相手をかえるのは難しいので、今回の抑うつ認知行動のお話しを聞いて希望がもて、実行したいです。      
 相手ばかりでなく、もっと目を広げていこうと思いました。   
・理論をわかりやすく説明。解説していただけたが、よく示されていたので、それをどうやって実践して生かしていくのかを考えるうえで、参考になった 。 
・興味のある話題が多く、参考になりましたが、情報量が多すぎて、話が追い付けないところがありました。     
・別の考え方をするときに参考になるものを見つけておく、自分をコントロールすることが大切だと思いまし      
・盛りだくさん過ぎたかな?      
・脳科学からみた発達障害について濃いお話しをわかりやすく伝えていただきありがとうございました      
・脳科学的な考え方がわかり、スッキリしました。ありがとうございました。
・アスペルガー症候群についてミラーニューロンの働きに障害があるからではという説やオキシトシンの
 分泌障害ではという説をわかりやすく説明していただき、とても勉強になりました。 ありがとうございました。     
・脳科学の発達過程においてASの原因が早く明らかになればいいと思う。(ミラーニューロン。オキシトシン)      
 『病因論』には説得力があった      
・今回の資料が配信していただけるとありがたいです   
・考えを変えるというキーワードをいただきました     
・科学的なお話、とても参考になりました。いろいろな本を読んでみましたがわかりにくかったですが、お話を
 聞いて仕組みがわかりました。本当にまだまだ謎が多い世界なんだとカサンドラ脱出は難しいですね 。     
・モジュール説をうかがい、自分自身の問題天の理解が進んだ気がしました。
・先生がすごくいいですね、お話しがとても良くて、温かい人柄でとてもおもしろかったです。
・パワーポイントのレジメが欲しかった
・私はナニにまけたのか?一番知りたいことなので、アスペルガーが何なのかを少し知れてとてもよかったと
 思います。      
・とても平易に分かりやすく説明していただきましたので、勉強になりました分かりやすく、そして面白く
 楽しませていただきました本も買えてよかったです。本当にありがとうございました。
・モジュール説が分かりやすかったです。人の気持ちを察することが出来ない脳(アスペ)そこだけに欠落して
 いることに無知(アスペに対し)は期間が長かった。質問させる側の気持ち、質問内容を通すとさらにわかり
 やすかったです。   
・夫はアスペルガーとADHDの合併症、障害であるのだとあらためて理解しました。「自己肯定感を保つには」
 視点と考え方を変えてやってみようと思いますありがとうございました。わかりやすく、面白い講義でした。      
・先生のお話はとてもよかったです。      
 今日の講演会は知人から教えてもらいました。ポスターや広報などで宣伝してもよいのでは 。     
 スライドをメモしていると次々と変わるのでもう少しレジメをわかりやすくしてほしい。
・なぜだかわからないけど、それはそれとしてそれにとらわれずにいたいと思います。 
・大変分かりやすくて、またお聞きしてみたいです。新しい治療法とかを紹介していただきたいと思いました。
・前田先生に再度お話をしていただきたいと思いました。  
・難しい内容でしたがわかりやすく説明していただきました 。   
・おもしろかった、またこういう講義を聞きたい 。    
・分かりやすい。      
・ミラーニューロンの話が興味深かったです。現在カウンセリングでミラーニューロンを使って心を軽くして
 もらっています。      
・原因を知ることで心が少し安定いたしました。脳の活性化等でアスペルガーが改善されるとよいなあと
 おもいました。ありがとうございました    
・夫の言動に感情的にならずに脳科学を通して例背に観察できると楽になれるかも!!と今日は新しい
 視点に立つことができ、よかったです。ありがとうございました  
・本などで知っている内容が多かった 。 カサンドラ解消についての深い話が聞きたい 。   
・脳のことが分かるようになり、障害と言われることが治療できるようになればいいなと思いました。      
・前田先生のお話しはわかりやすく、面白かったです。新しい治療法の点鼻薬に期待していましたが、現状が
 分かり、残念でした。脳の構造上の障害は理解できても、諦めずに待つしかないのか、処理しきれない
 気持ちが残ります。 
脳科学1



  • ライブドアブログ